ユ・アイン、兵役免除判定 所属事務所「治療を積極的に支援」

俳優ユ・アインが5月22日に行った5次身体検査で兵役免除判定を受けたことが27日、分かった。

所属事務所UAAは27日、「兵務庁から『現役志願活用不可』、つまり兵役免除の判定を受けた」と明らかにした。「これに対して所属事務所は、俳優の健康問題を最優先にして治療を積極的に支援するものであり、慎重な経過観察ときめ細やかな管理を一緒に行う」と付け加えた。

ユ・アインは2013年、映画「カンチョリ オカンがくれた明日」の撮影中、右肩の筋肉が破裂する負傷を受け、2014年「ベテラン」の撮影中に症状が悪化した。2015年には骨腫瘍も見つかった。このため、「負傷部位の経過観察が必要だ」という所見と共に兵役等級留保判定を受け、5次身体検査の末に最終的に兵役判定を受けることになった。

人気記事ベスト20