映画「リアル」でベッドシーンに挑戦のソルリ、「露出シーンは必要な場面だと思った」 

女優ソルリが26日、ソウル・CGV往十里(ワンシムニ)で開かれた映画「リアル」(イ・サラン監督)のマスコミ試写会に俳優キム・スヒョン、チョ・ウジンとともに出席した。

同映画ではベッドシーンにも挑戦、破格の露出シーンが注目を集めているが、「簡単ではない、演技的な挑戦だった」と率直な思いを明かしたうえで、「シナリオを読んでたくさん惹かれ、やってみたいと思った。露出シーンはやはり映画に必要な場面だと思った」といい、「容易ではなかったけど面白かった」と撮影を振り返った。

ソルリは「初めてシナリオを受け取ったときは、すごく難しいけど、そうであっても面白いという考えがたくさんあった。素晴らしい先輩たちとともに、なによりスヒョンお兄さんと撮影するということにときめいたりして選択することになった」と告白。「私がこんなに演技に対して欲を出したことがあっただろうかと思うほど、演技に関しては欲がありました」と充実の表情を見せた。

一方、最近Instagramで話題を呼んだうなぎ騒動については「個人的な問題なので、今話すのはちょっと違うようです」と言葉を控えた。

「リアル」は、アジア最大規模のカジノをめぐる2人の男の巨大な秘密と陰謀を描いたアクションノワールで28日に公開される。

人気記事ベスト20