G-DRAGONのUSB「クォン・ジヨン」色落ち現象でYG「不良品ではなく意図したコンセプト」

G-DRAGONの新アルバム「クォン・ジヨン」のUSBバージョンが、赤い色が手で触れるうちににじみ色が落ちる現象に対して所属事務所YGエンターテインメントは「意図したコンセプト」と説明した。G-DRAGONのDNAと母胎などを表現するため意図的に赤い色がにじむようにしたという。

意図を知らない何人かの使用者たちは「USBアルバムで赤い色が手につく」「不良品だ」などと不満事項をインターネットにアップしたが、音源サイトで公開されたUSBアルバムのイメージを見ると、色が広がってスクラッチがたくさん出ていることが容易に知ることができる。

YGはUSBアルバム販売前、すでに事前の告知を通じてキズが出たり、色が消えることがあるという説明をした。YGが先日、USBアルバム制作と供給に多くの困難があると言った理由もまさにこのためだ。

工場で大量に発行するプリント作業とは違って、GーDRAGONが表現したい母胎の意図とコンセプトは、USBの外観に赤い色のにじみやビンテージなキズを生み出し、YGはさまざまな試みの末に手作業で赤い色インクを塗ってこそ、G-DRAGONが希望する感触を得られるという結論を下すことになった。

また単にUSBの中に音楽を収録して販売するのではなく、特定リンクと連結して、たくさんのコンテンツを円滑に利用できるシステムを構築するといっても、長年の時間が必要だったという説明だ。初めて試みた新しい方式だからだ。

USBの外面に書かれた「クォン・ジヨン」という手書きの文字はG-DRAGONが生まれた時、彼の母親が直接手で書いた字で「母胎」というコンセプトと一致するG-DRAGONのアイデアだ。

「クォン・ジヨン」のUSBアルバムは、特定サービスのサイトにアクセスすることができる唯一の経路として音楽だけでなく、さまざまなコンテンツをUSBに盛り込んだり消すことができる。すでに公開されたタイトル曲「無題」のMVだけでなく、G-DRAGONが違う衣装を着た別バージョンの「無題」のMVとMVのメイキングフィルムなどさまざまなコンテンツが継続的に提供される予定だ。

※写真は(C)YGエンターテインメント

人気記事ベスト20