【映像】T.O.P、江南警察署を無言のまま後に…ソウル地方警察庁第4機動団に転任

大麻吸引容疑で在宅起訴されたBIGBANGのT.O.Pが5日午後、ソウル・江南警察署を出て、ソウル地方警察庁第4機動団に転任した。

江南警察署には大勢の報道陣が集まったが、T.O.Pは口を閉ざしたまま、同署を後にした。

検察によると、T.O.Pは2016年10月9~14日の間、ソウル・龍山区(ヨンサング)の自宅で、女性練習生Aさん(21)とともに大麻を計4回吸引したた容疑を受けている。そのうち2回は巻きたばこの形で、2回は液状大麻が含まれた電子タバコを2回吸引した疑いだ。

T.O.Pととともに大麻を吸引したAさんは、あらかじめ購入した大麻をT.O.Pの自宅に持ち込むなど、大麻の購入や調達の過程に積極的に加わったことが分かった。T.O.Pは大麻の入手過程には関与しなかったという。

T.O.Pは警察の調査で関連容疑を否認したが、先月25日、検察の捜査で2回の吸引について認めた状態だ。ただ、大麻成分が含まれた液状電子タバコについては依然として容疑を否認しているという。

人気記事ベスト20