サッカーACL浦和vs済州の乱闘騒動で韓国メディア、ついに「戦犯旗」の指摘も

5月31日に埼玉スタジアムで開催されたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦第2戦の浦和レッズ対済州ユナイテッド戦で起こった乱闘騒動の余波が、なかなか収まらない。韓国メディアは、済州の非を一部認めつつも、あくまで乱闘の原因は浦和側の「挑発」にあるとし、ついには「戦犯旗」を持ち出す記事も登場した。

スポーツ京郷によると、済州は2日、選手団やコーチングスタッフを通じたすべての調査と映像分析を通じて把握した事件の内容を公開。それによると、浦和が3-0でリードしていた延長後半終盤、浦和のコーナーキックの状況で1次的に両者にもみ合いがあり、チョウ・ウンが浦和側から殴られた。さらに、浦和のズラタンがクォン・スンヒョンを刺激して神経戦が繰り広げられた。この状況で、ベンチにいたペク・ドンギュは、クォン・スンヒョンが暴行を受けていると勘違いしてグラウンドに飛び込み、ズラタンの隣にいた選手を腕で殴り退場となった。また、「武藤が済州ベンチに来て指を上げ、悪口を言った」とし、これによって先にぶつかり合ったズラタンとクォン・スンヒョンが警告を受け、武藤もイエローカードを受けたなどとしている。

済州側の主張では「試合後、浦和のコーチングスタッフが我々のほうに来てペットボトルの水をまいて刺激し、槇野と武藤が引き続き刺激するセレモニーをした。浦和の事務局職員が出てこの選手たちの制止に乗り出した」といい、「その後も槇野の嘲弄が続くと、キム・ウォニル、クォン・ハンジンなどが問題を提起するために後を追いかけたが、槇野が逃げて、”鬼ごっこ醜態”に見えてしまった」という。さらに、「済州はベク・ドンギュがグラウンドに乱入し、暴力を行ったのは確かに誤った行為だが、浦和が継続して非マナーで相手を刺激したと明らかにした」とあくまで乱闘のきっかけが浦和側の挑発になるという済州側の主張を載せている。

スポーツ韓国は、済州の暴力行為を指して「見苦しい姿を演出した。済州側もよくわかっている。自分たちが悪かったということを」と一応、済州の非を認めつつも、「しかし、悔しい部分もある。浦和は試合前から、高慢な姿勢と高圧的な態度で臨んだのはもちろん、競技場にある観客が展開してみせた戦犯旗を阻止せず、逆転以降は嘲弄と悪口で済州を挑発した」と指摘した。「このような事実をすっぽり抜いて日本のマスコミは、済州をまるで悪魔のように窮地に追い込み、このような世論は国内でも大きく変わらない」とメディア批判まで繰り広げた。

続けて、「ペク・チョンギュの場合、興奮のあまりひじで相手を打つ暴力行為をし、これは、いかなる理由であれ正当化できない。済州側もこれについては『確かに間違っていたことだ』と頭を下げた」(ペク・チョンギュと書いているが、本当はペク・ドンギュ。韓国メディアはコピペのせいなのか、レッドカードを受けたペク・ドンギュをペク・チョンギュと書いているメディアがたくさんある)として、阿部に対するエルボーについては素直に過ちであることを認めた。だが、「当時現場にいたサッカー界関係者は『浦和側が試合前からとても高圧的で、特に逆転ゴールが入った後は、ひどく嘲弄した。日本語が聞き取れた彼らによると、悪口も凄かったと証言した」と、スポーツ京郷と同様に浦和サイドの非マナーに問題があるとの見方を示した。

そして、「試合後に判明したのだが、浦和のファンの中ではタブー視されている戦犯旗と浦和レッズのエンブレムを合成した写真を持ってきて応援したりもした。これは無条件の処分内容だが、浦和側はほったらかした」とも指摘した。OSENも、「浦和ファンの戦犯旗パフォーマンスにも議論が起こっている」と持ち出している。

OSENは、「オンライン上では戦犯旗に対する議論が再び起きている。済州と浦和戦の試合を見守ったある観客は自分のSNSに戦犯旗の中に浦和球団のエンブレムが描かれた紙を持っている。また、彼は『We hate F Korea』と口にすることができない悪口をアップした。特にこの掲示物を上げた人は、浦和のサポーターの席で写真を撮ったと見られ、問題が大きいと指摘されている」と伝えた。

また、「浦和はすでに極右ファンで満ち溢れた場所として知られている。2014年にはあるファンがJリーグの試合で日章旗とともに『JAPAZNESE ONLY』と書かれた垂れ幕をかけ、人種差別議論が起きた。2013年には全羅北道との試合で戦犯旗論議を起こした。戦犯旗は人種差別とすべての政治的な立場を排除するFIFAの規定上、絶対に使用してはいけない。日本帝国主義のシンボルだからだ」と報じた。

人気記事ベスト20