T.O.P摘発のきっかけは一緒に大麻吸引の練習生の供述だった!「偉大な誕生3」出演ハン・ソヒ

BIGBANGのT.O.P(本名チェ・スンヒョン)とともに大麻を吸引した女性練習生が、2012年に放送されたMBCのオーディション番組「偉大な誕生3」に出演したハン・ソヒあることが2日、明らかとなった。文化ニュースが報じた。

警察によると、ハン・ソヒはT.O.Pが義務警察入隊前の昨年10月9~12日、ソウル・龍山区漢南洞(ヨンサングハンナムドン)にあるT.O.Pの自宅で3回、電子液状大麻を吸引した。

ハン・ソヒは今年3月、別の麻薬事件で取り調べを受けていたところ、昨年10月にBIGBANGのT.O.PとともにT.O.Pの自宅で電子液状大麻を吸引したと供述した。これを受けてソウル地方警察庁麻薬犯捜査隊がT.O.Pの捜査に着手。毛髪検査の結果、陽性反応が出たため、摘発した。

1995年生まれのハン・ソヒは、「偉大な誕生3」に出演。トップ12進出には失敗したが、女優ソン・ジヒョに似た清純なルックスと、すぐれた踊り&歌の実力、165センチ、48キロのすらりとしたボディーで注目を集めた。正式デビュー前にファンクラブが生まれるほど人気を集め、多くの芸能事務所からラブコールを受け、練習生生活をスタートさせたという。

「偉大な誕生」出演以降、所属事務所を転々としたという。その中のひとつで、現在有名なガールズグループが活動しているある所属事務所の関係者は、「2015年6月に新人発掘の次元で抜擢したが、個人の問題で1カ月で契約を解除した」と明らかにした。

※写真は(C)MBC

人気記事ベスト20