G-DRAGON、6月8日にカムバック確定! 4年ぶりにソロで帰還

BIGBANGのG-DRAGONが4年ぶりにソロでカムバックする。

YGエンターテインメントは31日、公式ブログを通じてG-DRAGONの予告イメージとともに6月8日午後6時に新アルバムを発表することを予告した。

先立って、ヤン・ヒョンソク代表プロデューサーはSNSに直接G-DRAGONの新アルバムのミキシング作業する写真を載せ、「非常に切迫」と明らかにしていた。

G-DRAGONの魅力的な肖像とアートワークが目立つ今回の予告イメージにはG-DRAGONの本名である「クォン・ジヨン」が手書きで書かれている。

2006年にBIGBANGとしてデビューして以来、絶えず型破りで破格的な変身を試み、常に新しい姿をみせてくれたG-DRAGONは、今回も予測不可能な姿で戻ってくる見通しだ。

2009年初ソロアルバム「HEARTBREAKER」以降、2012年「ONE OF A KIND」、2013年「COUP D’ETAT」などを通じてBIGBANGとはまた違った自分だけの独特な姿で音楽を表現してきたG-DRAGONだけに、4年ぶりに発表する今回の新アルバムはこれまでになく高い期待を集めている。

特にG-DRAGONは最近、自分のSNSを通じ傷だらけの顔のメークや衝撃的なヘアスタイルを公開したが、それは、従来に一度も見られなかったG-DRAGONの新しい姿で、話題を集めている。

G-DRAGONは、新アルバム発表と共にワールドツアー「ACT Ⅲ、M.O.T.T.E」を開催し、今年1年間、自分だけのアイデンティティを全世界の音楽ファンに披露する計画だ。6月10日、ソウル・上岩(サンアム)ワールドカップ競技場で開催される今回のツアーはアジア3都市(マカオ、シンガポール、バンコク)、北米8都市(シアトル、サンホセ、ロサンゼルス、ヒューストン、シカゴ、マイアミ、ニューヨーク、トロント)、オセアニア4都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、オークランド)、日本3都市(福岡、大阪、東京)でのドームツアーなど計19都市で開催されるほか、さらに開催都市が追加される予定だ。

 

人気記事ベスト20