ポルトガル出身国連事務総長が妄言! さらに熱くなるU-20W杯16強戦

ポルトガル出身のアントニオ・グテーレス国連事務総長の「慰安婦合意支持」の妄言に、20歳以下(U-20)サッカー代表チームが8強入りがかかる「天敵」ポルトガルとの決戦に、国民的関心が集中している。

日本の共同通信が日本の外務省の発表を引用して、「グテーレス事務総長が27日、イタリアのタオルミーナで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議で安倍首相に会い、慰安婦合意を支持して歓迎する(support and welcome)という立場を明らかにした」と報道した中、グテーレス事務総長がポルトガル出身のため、30日に天安(チョンアン)総合運動場で行われる16強戦でポルトガルと対するシン・テヨン監督が導く韓国U-20サッカー代表チームに、また他のモチベーションになっている。

スポーツはスポーツに過ぎないが、「慰安婦」に関する事案に対しては国民的情緒が非常に敏感になり、不用意ではなく鈍感に思われるグテーレス事務総長の妄言が我が国の国民を刺激して、「韓国vsポルトガル」戦に対する国民的期待と応援が高まっている状況である。

これに対し、「たった1%の準備も疎かにしない」と悲壮な出師表を叩き付けたシン監督は、多彩な戦術を駆使すると宣言し、激戦を予告した。

一方、ポルトガルも同様に力とスピードを生かして韓国の攻撃を遮断するという意思を見せた。守備手のペドロ・エンピスは「韓国はとても強いチームだという印象を受けた。特に10番のFW(イ・スンウ)が速く、強かった。私たちも映像を分析して、徹底的に備えている」と逆襲を警戒した。

今年1月にはポルトガルで親善試合を行い、1-1の引き分けを記録した。チョ・ヨンウク(高麗大)のゴールで先制したが、その後同点ゴールを許して惜しくも勝利を逃した。当時、エースのイ・スンウが所属チームの日程と重なって参加しなかった。

※写真はSPOTVの画面キャプチャー

人気記事ベスト20