映画「盗聴」側、主演キム・ウビンのがん闘病でクランクイン延期「快癒が最優先」

俳優キム・ウビンが「がん闘病」というニュースを受けて、出演を決めていた映画「盗聴」のクランクインが延期されることになった。

映画「盗聴」側の関係者は24日午後、「何よりもキム・ウビンさんが治療を受けて完治するこが最優先されなければならない。今年の夏にクランクインする予定だったが、先送りしてキム・ウビンさんが完治するまで待つことにした」という立場を伝えた。

キム・ウビンの所属事務所はこの日、キム・ウビンが上咽頭がんの診断を受け、現在現在薬物治療と放射線治療を始めたことを明らかにした。

映画「盗聴」は、「10人の泥棒たち」「暗殺」などの作品を手掛けたチェ・ドンフン監督の新作で、香港映画「盗聴犯~死のインサイダー取引~」をリメイクした作品だ。イ・ジョンジェとキム・ウビンが主人公にキャスティングされ、今夏にクランクインする予定だった。

製作を手掛けるCJエンターテインメント関係者は「キム・ウビンさんの一日も早く全快すること願うだけです」と話している

人気記事ベスト20