キム・ウビン、上咽頭がんと診断! 薬物治療と放射線治療を開始

俳優キム・ウビンが上咽頭がんの診断を受け、治療中であることが24日、明らかになった。

所属事務所サイダスHQは24日、公式報道資料を通して、「キム・ウビンは最近さまざまなスケジュールをこなす中で体に異変を感じ、病院を訪れた。診察の結果、上咽頭がんという診断を受けた」と発表した。

続けて、「幸い早期発見だったため、現在薬物治療と放射線治療を開始した。まずは治療に専念し、元気になった姿で戻ってくる予定ですので、早く快癒することを祈ってくださることを望みます」と続けた。

そして「予定されていたスケジュールに関しては、治療中のため協議を行っている。皆さんからの多くの応援と激励をお願いしたい」と呼びかけた。

キム・ウビンは、昨年KBS 2TVドラマ「むやみに切なく」と映画「マスター」に出演し、印象的な演技を披露した。今年下半期にはチェ・ドンフン監督の映画「盗聴」にキャスティングされて撮影に入る予定だ。

人気記事ベスト20