「男女共学」出身チャ・ジュヒョク、麻薬使用に続き飲酒運転事故でまた起訴

麻薬投薬の疑いで裁判中を受けている男女混成アイドルグループ「男女共学」出身の俳優チャ・ジュヒョク(25)が、今度は飲酒運転事故で追加基礎された。

ソウル中央地検刑事7部(チョン・スンシン部長検事)は10日、飲酒運転事故で歩行者をけがさせた容疑(道路交通法・交通事故処理特例法違反)で、チャ・ジュヒョクを追加起訴したと明らかにした。

検察によると、チャ・ジュヒョクは昨年10月30日未明、酒に酔った状態で、ソウル・江南区内の裏通りで、アウディを運転中、歩いていた3人をはねた疑い。当時、血中アルコール濃度は、免許取り消しに該当する0.112%だった。

被害者のうち1人は、約24日間治療が必要な鎖骨骨折などのけがを負い、他の2人も頚椎捻挫などの診断を受けたという。

チャ・ジュヒョクは、エクスタシーや大麻などの麻薬使用した疑いなどで裁判を受けている。チャ・ジュヒョクは2015年8月、向精神性医薬品であるケタミンをかばんに隠してカナダに入国しようとして現地空港で摘発され検挙された。昨年6月と8月には国内で大麻を吸引した容疑で今年3月と4月、2度にわたって在宅起訴され、裁判を受けている。

人気記事ベスト20