ソン・ヒョナの夫、自殺か!? 168億ウォン横領事件で手配中

女優ソン・ヒョナ(41)の夫チェ・ジョンウ氏(49)が遺体で発見され、警察が捜査に乗り出した。

聯合ニュースによると、ソン・ヒョナの夫チェ・ジョンウ氏は9日午前8時40分ごろ、京畿道烏山(キョンギドオサン)市のオフィステルの工事現場近くの空き地に駐車していた乗用車の車内で、遺体で発見された。「ひどい悪臭がする」という通報を受けて駆けつけた消防隊が発見した。車内からは燃えた着火炭が見つかり、ドアはロックされていた。

チェ氏は発見された当時、スーツにコート姿で、遺書などは見つかっていない。遺体は腐敗が進んでおり、死亡してからかなり時間が経ったとみられる。

警察は犯罪を疑うような点がほとんどないことからチェ氏が自殺したと見て、遺体を解剖して、詳しい死因などを調べる予定だ。

チェ氏は先月20日に自宅を出た後、行方が確認されていなかった。遺体発見現場はチェ氏の子供たちが住む家の近くだという。チェ氏の娘は2日後の22日に警察に届け出ていた。

チェ・ジョンウ氏は168億ウォン(約16億8000万円)を横領した疑い(特定経済犯罪加重処罰法上横領)で、ソウル検察庁から手配された状態だった。ソン・ヒョナとは数年前から別居中という。

一方、ソン・ヒョナは2010年2月から3月まで事業家A氏と3度にわたって性的な関係を結んだ後、5000万ウォンを受け取った売春容疑で2013年12月に略式起訴されたが無罪を主張し、正式裁判を請求した。一審、二審では有罪を言い渡されたが、最高裁判所で破棄となり、差し戻しによって開かれた控訴審で無罪を言い渡され、2年6カ月ぶりに疑いを晴らした。昨年12月には、ソウル・大学路で舞台で演技活動を再開させた。

人気記事ベスト20