朴槿恵朴前大統領を逮捕! ソウル拘置所に収監…独房で囚人服

ソウル中央地裁は31日未明、検察が請求していた朴槿恵(パク・クネ)前大統領の逮捕状を発付した。朴氏は特定罪加重処罰などに関する法律違反(収賄)などの容疑で逮捕され、全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)の両元大統領がに続いて拘置所に収監される3人目の大統領経験者となった。

聯合ニュースなど現地メディアによると、逮捕された朴槿恵前大統領が31日午前4時45分ごろ、ソウル拘置所に到着した。前大統領を乗せた車両は拘置所の正門を通過し、拘置所に入り、独房に収監された。大統領の支持者約50人は「苦難」を象徴する薄紫のバラの花を振ったり、太極旗を振ったりして泣きながら逮捕反対や無効を訴えた。一方、逮捕に賛成する市民らも集まり「罪を償え」と叫んだ。

聯合ニュースなどによると、朴前大統領は一般収監者と同様に、収監手続き後に簡単な健康診断や身体検査を受け、所持品などを預けた。続いて拘置所内の規則や生活について説明を受けた後、胸に番号が付いた拘置所の薄緑色の囚人服を着用。この時から番号で呼ばれることになる。

独房は2坪に満たない広さで、床には電気熱戦が入った暖房パネルが敷かれ、折りたたみ式マットレスと机を兼ねた座卓、テレビ、トイレがある。1食1440ウォン(140円)の食事をし、食器も自分で洗うことになる。また他の収監者と同様に、午前6時に起きて午後8時に眠る規則的な生活を送ることになる。

ソウル拘置所には今回の国政介入事件に関連した朴前大統領と40年来の友人で、共謀したとされる崔順実(チェ・スンシル)被告、200億ウォンを超える贈賄罪などで起訴されたサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)被告、元大統領秘書室長の金淇春(キム・ギチュン)被告、前文化体育観光部長官の趙允旋(チョ・ユンソン)被告も収監されている。

一部からは同じ拘置所に収監されるのは「共犯分離収監の原則」に反するとの指摘もある。当局関係者は「共犯者らが共に収監されても徹底して分離し管理する」と述べ、共犯者同士が顔を合わせる可能性はないと反論している。

※写真は(C)NEWSIS

人気記事ベスト20