JYJジュンス&超新星グァンス、「つつじの花咲くコンサート」で華麗なパフォーマンスを披露

軍入隊中のJYJのジュンスと超新星グァンスが28日夜、京畿道軍浦(キョンギドグンポ)市の軍浦市民体育広場で開かれた「軍浦つつじ祭り」の「つつじの花咲くコンサート」に出演、華麗なステージを披露した。

短髪で京畿南部地方警察庁広報団の制服姿で登場したジュンスは自己紹介し敬礼。まずはソロでドラマ「優しい男」の挿入歌「愛は雪の花のように」を熱唱し、抜群の歌唱力を披露した。続いてイ・ムンセの「街路樹の蔭に立てば」とミュージカル「DEATH NOTE」の「奴の心の中へ」をデュエット。美しいハーモニーで会場を魅了した。

続いて広報団のメンバーたちによるダンスパフォーマンスへ。超新星のグァンスのソロからスタート。マイケル・ジャクソン曲に合わせて華麗に踊る。ムーンウォークもばっちりと決めて歓声を誘った。そのままジュンスら5人が加わり、マイケルの「Dngerous」をパフォーマンス。センターのグァンスを中心にジュンスらが息の合った切れ味鋭いダンスに会場が沸きかえった。最終的には10人で群舞を披露し会場の熱気を引き揚げた。

最後は10人で敬礼してステージを降りた。ジュンス、グァンスらはそのままバスに乗り込んで会場を離れたが、大勢のファンがバスのそばに駆け寄り歓声を上げるなど人気の高さを見せつけた。

※写真は(C)news1/アジアニュース通信

人気記事ベスト20