UnderdogのSteelo、麻薬密輸入及び販売あっせんで検挙

男性アイドルグループUnderdogのSteelo(本名イ・ドンヘ)が麻薬を密輸入及び販売あっせんした容疑で検挙されたことが26日、明らかになった。複数の韓国メディアが報じた。

ソウル地方警察庁広域捜査隊は26日、麻薬類を国際郵便や旅行用かばんに隠して持ち込み、江南一帯の風俗店の従業員などに販売したり投薬するなどした被疑者101人を刑事立件し、そのうち19人を拘束したと発表した。

警察によると、Steeloは麻薬を密輸入したA氏に販売ブローカーをつなぐ役割をした容疑を受けている。広域捜査隊側は「イ・ドンヘが容疑を認め、『頼まれてやった』と供述した」と伝えた。他の被疑者の中には、有名BJや元プロ野球選手も含まれていた。

所属事務所側は「本人に確認後、コメントを発表する」と伝えた。

2013年にデジタルシングルアルバム「Can’t Stop」でデビューしてUnderdogは2015年、ラグジュアリーブランドモデル・アワーズLBMA K-POP新人アイドル歌手賞を受賞したこともある。

被疑者らは取り締まりを避けるため、ワインやチョコレート、キャンディーなどの形に偽装して作った大麻を旅行用カバンに入れて持ち込もうとして摘発された。

Steeloは4月4日に新曲をリリースしたばかりだった。

※写真はUnderdogのFacebookより

人気記事ベスト20