ギャラクシーS8でWi-Fi接続不良? サムスン電子とKTが責任のなすり合い

サムスン電子の新作「ギャラクシーS8」が発売直後から「赤い液晶」議論に続き、Wi-Fiの接続障害を指摘する消費者の不満がオンラインコミュニティに噴出している。

中央日報が報じたところによると、事前予約であらかじめギャラクシーS8を開通したある消費者は「SKテレコムやLGユープラスなど他の移動通信会社のWi-Fiを使った時は問題がなかったが、KTのWi-Fiを使った時だけ接続障害現象が起きる」と主張したという。

サムスン電子とKTが把握した結果も消費者の主張と一致した。SKテレコムとKT、LGユープラスの移動通信会社は主に2.4ギガヘルツと5ギガヘルツ周波数帯域をWi-Fi網に使うが、KTが構築したWi-Fiのうち5ギガヘルツ帯域だけで接続障害問題が発生したのだ。

原因は無線LANルーターにあった。KTの5ギガヘルツWi-Fiに使われるルーターの無線LAN接続装置(AP)がギャラクシーS8を非正常端末と認識して接続を切ったのだ。ギャラクシーS8にはバッテリー消費を減らす新たな機能が搭載されたが、ルーターAPがこの機能を正常に認識せず接続障害につながった。

ギャラクシー S8のWi-Fi接続不良についてサムスン電子とKTがお互いに責任を転嫁している。

サムスン電子のキム・チュンゴン広報室部長は「他のメーカーで作ったルーターは大丈夫だが特定メーカーが作ったルーターだけでWi-Fiが切れる現象が見つかった。ギャラクシーS8自体に欠陥があるのではない」と説明。「KTの無線LANルーターにあるチップに設置されたソフトウェアの問題とみられる。KTが解決するのが妥当だが、ギャラクシーS8のユーザーたちの不便さを見ていられないので、とりあえず、端末機のソフトウェアをアップデートして接続不良問題を解決することにした」と話ている。ギャラクシーS8を正常に認識できるようにルーターAP機能を改善するまではギャラクシーS8のソフトウェアをアップデートしてWi-Fi障害をなくすことにしたという。

一方、KTは「無線LANの接続不良はKTとは関係なく、ギャラクシーS8の問題だ。 サムスン電子が25日ごろ、ギャラクシーS8のソフトウェアアップデートを通じて解決するだろう」と明らかにした。



人気記事ベスト20