セウォル号で発見の骨は豚の骨だった?! 海洋水産部に批判噴出

韓国の海洋水産部は28日、2014年4月に沈没した旅客船「セウォル号」の引き揚げ現場でこの日見つかった骨片が、国立科学捜査研究院による現場検証の結果、動物のものであることが確認されたと明らかにした。聯合ニュースなどが一斉に報じた。

国立科学捜査研究院の関係者や専門家によると、骨は豚の骨である可能性があり、本院に運んで詳しい鑑識を行う方針だ。

同部はこの日午前、セウォル号を載せた半潜水式の船舶の甲板上で4~18センチ大の遺骨7片と、靴など遺留品の一部が見つかったと発表していた。

これを受けて、インターネットなどでは慎重に確認をせず性急に発表を行った海洋水産部に対する批判が噴出している。

※写真はJTBC画面キャプチャー

人気記事ベスト20