”元祖イケメン”太四子(テサジャ)出身パク・ジュンソクが6月に結婚! 

1990年代を代表するアイドルグループ太四子(テサジャ)出身の俳優パク・ジュンソク(38)が結婚することが17日、明らかになった。

所属事務所TIPTOPエンターテインメントは17日、「パク・ジュンソクが家族や親せき、親しい友人らを招待して6月に結婚式を挙げる」と明かした。

お相手の女性は4歳年下の一般人。事務所関係者によると、映画系エンターテインメント会社代表で、芸能人に劣らない美貌の持ち主だという。映画祭で出会い、恋人関係に発展。先ごろ両家の顔合わせを終えて、現在は挙式に向けて準備を進めているという。

結婚式は盤浦漢江(パンポ・ハンガン)公園にあるセビッ島で行われる予定で、新居は、漢江沿いにあるマンションで、新婚旅行はヨーロッパに行く予定だ。

所属事務所関係者は「俳優としての人生とともに、家庭を築き、新しい出発を決心したパク・ジュンソクの前途を祝福してくださることをお願いするとともに、たくさんの関心と応援をお願いします」と話している。

1997年にデビューし、活発な活動を繰り広げた太四子は、デビュー当時、S.E.S.、Fin.K.Lらと共に新人賞を受賞。「道」や「タイム」、「愛心」などヒット曲を数多く発表。グループ内では”ビジュアル担当”として人気を集め、”元祖イケメン”として活躍したパク・ジュンソクはその後俳優に転向。2015年のSBSドラマ「リメンバー–息子の戦争」で麻薬ブローカーを演じ、俳優としての可能性を認められた。

※写真はTIPTOPエンターテインメント



人気記事ベスト20