キム・ミファ、五輪中継での無知発言に批判殺到 「アフリカの選手たちは雪なんて見たことない」

タレントのキム・ミファの「2018平昌冬季五輪」中継での発言が議論を起こしている。

キム・ミファは9日、MBC「2018平昌冬季五輪」開会式で同局のパク・ギョンチュアナウンサー、アルペンスキー解説委員ホ・スンウクと共に中継を担当。「平昌冬季五輪が上手くいかないことを願った方もいると思いますが、あの方たちは本当に平昌の雪が全部解けるまで手を挙げて反省しないと」「独島(竹島の韓国名)が消えた韓半島の旗、独島を抜くようにというIOCの決定があった。政治的なものを排除するためにそうしたと聞いたが、少し不満がある。気に入らない」と声高に発言するなど政治的なコメントを繰り返した。

さらには、無知ぶりも発揮。アフリカの選手に向けて、「アフリカの選手たちは今、雪なんて見たこともないと思いますが」と発言。これに、ホ・スンウク解説委員が「南アフリカ共和国にスキー場がある。アフリカだからといってスキーをしないわけではない」とキム・ミファの誤った発言を修正した。

専門的な知識のなさや多少落ち着きのない進行を行ったキム・ミファに対して「がっかりだ」「開会式中継に合わない」などの視聴者の批判が続いている。

人気記事ベスト20