コ・ヒョンジョン、主演ドラマ「リターン」降板を発表! プロデューサーとの不仲&暴行説で議論に

女優コ・ヒョンジョンがSBSドラマ「リターン」を降板する。

所属事務所IOKカンパニーは8日午前、報道資料を通して「『リターン』がたくさんの愛を受けている状況の中、いろいろご心配をかけた点、視聴者のみなさんに心から謝罪の言葉をお伝えします」と謝罪したうえで、「コ・ヒョンジョンが、出演していたドラマ『リターン』から公式に降板することになった」と発表した。

続けて、「コ・ヒョンジョンは俳優として責任感と作品に対する大きな愛情を持って撮影に取り組んできた。しかし、制作の過程で演出陣と意見の差があり、これをできるだけ調整しようと努力したが、意見の隔たりを縮めることができなかった。よって、多くの議論や苦心の末にこれ以上撮影を続けることは難しいと判断した」と降板に至った理由を説明した。

さらに、「誰の過ちかを問うよりは、多くの人が一緒に作っていくドラマの特性上、ある一人が問題になるなら、作品のためにその一人が辞めるのが当然だと思い、SBSからの降板の通知を受け入れる」とし、「主演女優として最後まで責任を果たせなかったことについて、繰り返しお詫び申し上げるとともに『リターン』のすべての制作陣と同僚俳優たちにもお詫び申し上げる」と改めて謝罪した。

7日午後、コ・ヒョンジョンと「リターン」の制作陣との不仲説が浮上した。メインプロデューサのチュ・ドンミンと意見の差が激しくなり、数回に渡ってけんかし、撮影が中断した。さらに、コ・ヒョンジョンがチュ・ドンミンプロデューサーに暴行を加えたため、制作陣が撮影を拒否したという報道まで続いた。これを受けてSBSが主演交代を検討していることを発表していた。

人気記事ベスト20