2AMチョグォン、慶熙大学不正学位取得議論に口開く 「学校側の案内に従って審査手続き」

不正な方法で修士号を取得したとの疑惑が浮上した2AMのチョグォンが側が7日、公式コメントを発表した。

所属事務所CUBEエンターテインメントは7日夜、「まずはチョグォンのことでご迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪した上で、「チョグォンは2015年、慶熙大学ポストモダン音楽学科を卒業し、同3月に慶熙大学アート・ヒュージョンデザイン大学院のパフォーミングアート学科に入学し、2017年8月16日に慶熙大学大学院で修士学位課程を利履修しました。チョグォンは本件が問題になるまで、学校側の案内に従って“無論文学位”(卒業公演)の審査手続きを通じて学位を取得したと思っていました」と学位取得は不正ではないとの認識を示した。

チョグォンの不正学位取得疑惑は6日、SBS「ニュース8」で報道されて発覚した。「ニュース8」は名前こそ出さなかったが、チョグォンであることが分かるような資料を公開し、「人気アイドルが卒業の規定を満たさない公演をしても、昨年、慶熙(キョンヒ)大学の大学院実用音楽修士学位を取得した」と報道した。

報道では、修士学位取得のための卒業公演は、60分以上の単独公演でなければならない、セッションの演奏者たちも本人が直接交渉した校外者でなければならない、という規則があるにもかかわらず、チョグォンの公演は演奏者もなく一人で30分ほど行っており、公演のレベルも低かったという。とりわけ、卒業公演を準備するだけで数千万ウォンの費用がかかるので、チョグォンのように個別の公演を通じて学位取得したのは一握りに過ぎない。また、公演を行った慶熙大学野外劇場は使用許可を受けなければならず、主に規模が大きな学校行事の場所としても利用されてきたが、チョグォンが公演したという当日に野外劇場ではどのような公演も開かれていなかったという。

これについては、「疑惑が定義された卒業公演の細かい規定について、慶熙大学アート・ヒュージョンデザイン大学院の指導教授側に確認した結果、『卒業公演に対する細かい規定はない。チョグォンの場合、特殊大学院のため、科目履修や公演でも学位履修が可能で、公演によって代替した。報道されたような卒業公演の細かい規定に対する内容を我々教授も何も知らない。無論文学位の申請発表時、教授陣の前でこのような内容の公演をすると発表し、結果報告書を提出して卒業した。規定に外れるようなことはない』という回答をもらいました」と説明した。

また、「今月6日にSBSで報じられた内容のパンフレットやポスターは、チョグォンが行政部署に提出した卒業公演の確認書類として、チョグォンは無論文学位審査の時、公演は5月6日の予定だったが、日程上やむを得ず公演ができなかったことを明らかにすると、審査した教授陣は後からでも映像を提出するように言いました」と大学側とのやりとりの経緯を明かし、「無論文学位の審査で後から公演映像を提出するよう指示されたことを実行しなかったことは、チョグォン本人の手落ちです。当時、審査で卒業が決定していた状況のため、映像提出について大きく考えなかったようです。これにより学位が取り消されるのなら、謙虚に受け止めます」とした。

そして、「報道された映像は、2月2日に助教授側から連絡が来て、SBSで取材中だと伝えられ、後から提出した映像を学校側では保有しておらず、問題になる可能性があるので、映像を新たに撮って提出するよう助教授の立ち合いの下、慶熙大学平和野外劇場で新たに撮影して提出した映像です」と学校側の指示のもとで行っていたことを明かし、最後に「今回の騒動によって傷ついた方々に深くお詫び申し上げます」と改めて謝罪した。

人気記事ベスト20