便器を磨いたスポンジでコップも洗う!! ソウルの特級ホテルの裏切り

韓国・ソウルの一流ホテルの驚くべき客室清掃の実態が明らかになった。

TV朝鮮の時事番組「CSI:消費者探査隊」は4日、ソウル市内にある5つ星級の3ホテルの客室清掃の実態を報道した。1日の宿泊費が1泊20~30万ウォンもする「特級ホテル」だ。制作陣は2日間、客室に滞在し、カメラで撮った姿は特級ホテルという名前とはまったく違うものだった。掃除をする職員は、スポンジたわしを便器の水に濡らして便器を磨いた後、洗うことなく客室に置かれたコップを洗うために使った。消費者たちは「ホテルが高価な装飾品と美術品で見かけだけは豪華に見せかけながら、いざ衛生問題となると、よく目に見えないので神経を使わない」と指摘する。

最初に映像に登場したAホテル。客室の職員が便器に溜まった水にスポンジたわしを濡らして便器の前後を磨いた。そのスポンジたわしに洗剤だけ少し付けてコップを磨いた。このコップは宿泊客が水や飲み物を飲むことができるよう客室内に置かれたのだ。職員は同じスポンジたわしで浴槽を掃除した。コップの水気は宿泊客が使用した後、床に投げ捨てられていたタオルでふいた。便器とコップ、浴槽を磨きながら、スポンジたわしは一度も水で洗っていない。客室の掃除が終わった後、製作陣が汚染度測定器で客室内のソファーの汚染度を測定してみると、安全基準値の15倍を超過した数値だった。

BホテルとCホテルの状況も似ていた。Bホテルの職員はカートからすでに使用したようなタオルを取り出してトイレ、洗面台とバスタブを磨いた。同じタオルで便器内と化粧室の床まで磨いた後、掃除を終えた。Cホテルでは、宿泊客が使用した枕カバーを何度か軽く叩いてそのままにした。Aホテルと同様に便器を磨いたスポンジたわしで洗面台、コップをすべて磨いた。

ホテルはすべて掃除に関するマニュアルを持っている。少しの違いはあるが、ベッドの整理やトイレ掃除、コップを洗う時に使用する手袋の色を区分して支給する。雑巾とスポンジたわしも用途によって区分している。これが掃除の現場では守られていない。普通、職員1人が、1日掃除する客室は15前後。勤務時間は昼休みを除いて9時間だ。 マニュアル通りに掃除をすると、客室1つで1時間ほどかかるという。特級ホテルの客室掃除の職員は、大半が下請け企業を通じて雇用されている。基本給170万~180万ウォンを受け取り、担当する客室が多ければもっともらうやり方だ。より稼ぐため、割り当てられたされたものより4~5部屋多く掃除する場合が多い。元ホテル職員は「良心を守りながら働く人は珍しい」と話した。人が見ていない所では基本的な職業倫理が守られていないということだ。ソウルのある5つ星級ホテルで働いていた女性は「最初は教育を受けた通り、徹底的に衛生観念を守るが、時間が経てば早く片付けることがさらに重要になる」とした。

問題になったあるホテル側は「最近、ソウル市内の特級ホテルの数が増え、熟練度の不十分な職員が多く採用されている。職員たちが掃除規定を十分に熟知していないのが主な原因」とした。また、別のホテル関係者は「下請会社の所属のため直接労働監督をすれば、現行法の違反となり難しい。これからは点検の回数を増やすなど対策を用意する」と説明した。

放送を見た視聴者からは怒りの声が噴出している。

※写真は(C)TV朝鮮

人気記事ベスト20