超新星が所属するmaroo企画のパク・ジフン、「プロデュース101」最初の順位発表で1位に!

maroo企画に所属する美少年パク・ジフンが「プロデュース101シーズン2」の初回放送終了後に公開された順位発表で1位に輝いた。

7日に放送されたMnet「プロデュース101シーズン2」には、101人の練習生が所属事務所別に準備したステージを披露する姿が収められた。

パク・ジフンはこの日の放送で、イケメンビジュアルでお茶の間の視線をくぎ付けにした。また、電光掲示板で自分の希望順位3位が公開されると、恥ずかしそうな表情を見せるなどキュートな魅力を発散。さらに、クォン・ヒョプ、ハン・ジョンヨンとともに、グループTURBOの「My Childhood Dream」のステージを披露した。彼らは振り付けでは合格点を受けたが、ボーカルなどの部分で点数が削られ、A等級を受けることはできなかった。

パク・ジフンはMnet「M COUNTDOWN」で先行公開された「My Childhood Dream」のステージでウィンクをして”ウィンク男”として注目を集めており、これがパク・ジフンのランキング1位の大きな原動力となったとみられる。また、この日の放送では出演分量が相対的に少なかったため、逆にそれが好奇心を刺激する結果となり、強力な優勝候補であるONOエンターテインメントのチャン・ムンボクを抑えてトップに躍り出た。

パク・ジフンはキム・ジョングクやハ・ソクジン、そして日本で活躍する超新星らが所属するmaroo企画の練習生。ボーイズグループでのデビューを目標に練習してきた。チャン・ムンボクを抑えてトップに立つ”大どんでん返し”を見せたパク・ジフンがこのまま逃げ切れるのか注目だ。

人気記事ベスト20