超新星がツアーファイナル公演を開催「来年は僕たちにとってもMILKYにとっても新しい一年になると思います」

超新星のユナクとソンジェが30日、東京・丸の内の東京国際フォーラム ホールA で、「超新星LIVE TOUR 2017~2U~」のファイナル公演を開催した。同ツアーは12月26日の名古屋国際会議場センチュリーホールを皮切りに、同27日大阪オリックス劇場、29&30 日に東京国際フォーラムで全4公演を行った。来年1月17日にリリースするユナクの3rdアルバム「The One」(ジ・ワン)の収録曲、ソンジェのニューアルバム収録予定の新曲を中心に、それぞれのソロ曲や超新星の曲など、DJ と生バンドの演奏をバックに、バラエティーに富んだステージを展開。ユナク&ソンジェの”お兄ちゃんず”によるライブツアーもこの日が、最後のステージ。アンコールでは、ダブルアンコールを含む4曲を披露し、歓喜に包まれる中、「2Uツアー」をしめくくった。

最終日となるこの日、客席を埋め尽くした約5000人のMILKY WAY(超新星のファン)のペンライトが揺れる中、DJの演出からスタートし、ステージに設置された階段上からユナクとソンジェが登場。歓声に包まれる中、「Are You Ready?」でライブはスタート。バックダンサーを従え、「RANDA」「Stupid Love」と、続けざまにスピード感のある楽曲と攻めるダンスを披露。会場の熱気は早くも高くなり、歓声の余韻が残る中、ソンジェが「ハイ、東京、日本、全国のみなさん、こんにちは! 君たちは?」「MILKY WAY!!」「僕たちは、超新星です!」と恒例のコール&レスポンスで、今回もMILKY WAYとの絆を確認した。

ライブ序盤、ソンジェは「最後だから最高の力で、僕たちも歌って、踊るので頑張って盛り上がってくれればいいと思います!」と呼びかけ、ユナクは「今日はオーラスなので、スペシャルなステージも準備していますので、みなさんぜひ楽しみにしてください!」とファンの期待感を煽りながら次のステージへ。今年8月にリリースしたアルバム「2Re:M」のリード曲「Song for you」でも声質が違う2人の声が絶妙なハーモニーを生み出し、客席をさっそくユナク&ソンジェワールドへと引き込み、「君だけは離さない~COME BACK TO ME」「Beautiful」へとつないだ。

ユナク、ソンジェそれぞれのソロパートでも個性を表現するステージを魅せた。ユナクは、来年1月17 日に3枚目のソロアルバム「The One」発売する。既にオリエンタルラジオ藤森慎吾が参加し、話題になっている「Do Your Own Thing」を披露。藤森が出演するミュージックビデオとリンクさせた演出で観客を盛り上げた。途中、「ずっとチームで一緒にやってきた2FACEさんと1年半ぐらいかけて11曲オールプロデュースをやらせてもらいました。一緒に作業しながらいろんな悩みとか、喧嘩もあった。こういうジャンル、歌詞、音楽があるんだという僕の気持を伝えたくて、一曲一曲大切に作ったので聴いてみてください。よ
ろしくお願いします」とアルバムに込めた想いを伝えた。続けて新曲「Queen」では、フィーチャリング参加している話題の新感覚ラッパーASOBOiSM(アソボイズム)が登場。小柄ながらもパワフルな声量とラップで、ユナクを圧倒した。

ダンサブルなステージから一転、ソンジェのソロパートに。スポットライトに照らされソンジェが登場。キーボードを演奏しながら「Moonlight」を歌唱。「消えてゆく」と共に、せつないバラードを2曲歌い上げた。同曲は、来年発売を予定しているソンジェのソロアルバムに収録されることも発表された。

再びユナクソロパートへ。ミュージカル「RENT」でユナクの相手役を務めたジェニファーが参加した新曲「We Can Fly」を歌い、「次の曲もサプライズです!」と続け、動画再生回数が500万回を超える結婚ソング「Endless Road」を歌うfumikaがフィーチャリング参加した新曲「Good Morning」も初披露。スイートなバラードが印象的な楽曲だ。新曲の初披露が続いた後でユナクは、「次は素敵な方が待ってますよ!」の呼びかけに、ソンジェが登場。自身が誕生日にSNSのアップし、”イイネ!が1万個ついたら歌う”と約束をしていた楽曲「キミに会いたくてたまらない夜だよ」を歌唱。最終日の今日、イイネ!が1 万を超えたことを発表。「応援してくれてありがとう、これからもがんばります」と感謝を伝えた。

アコースティックで爽やかなポップチューン「きっと」を歌唱した後には、再びユナクが登場。「PICK ME~DNA」のメドレー、続けて、ステージ上にフードを被った後ろ姿で登場してきたソンジェ。歌唱が始まりこちらを振り向くと、女子高生姿に。「AS IF IT’S YOUR LAST~TT」とカバーメドレーを歌唱し、ダンスがとても上手い女子高生役を演じ、ファンを楽しませた。

続いて、来年3月に公開される映画「増山超能力師事務所」の主題歌にもなっている「君じゃなきゃ」をしっとりと歌いあげ、さらに「まごごろ」を感情豊かに切々と歌い上げる表現力、そして観客を圧倒するパワフルなボーカル力にはさらに磨きがかかり、客席も2人の歌声に聴き入った。

2007年9月に韓国でデビューしてから10周年、2009年9月に「キミだけをずっと」で日本メジャーデビューしてから今年で8周年を迎えた。昨年4月から6月にかけてゴニル、ソンモ、グァンス、ジヒョクが相次いで入隊。その一方で、同5月にソンジェが除隊した。現在は6人組が2人で活動するという一大変革期を迎えているが、2018年は、いよいよ完全体の超新星が復活する。それに先駆け、ユナクとソンジェは、超新星としての活動はもちろん、2018年にはそれぞれソロアルバムをリリースする。またユナクは、ソロ写真集の発売を発表。ソンジェも主演映画「Guest House」が今月から公開されたことを報告。来年は4人が戻ってくるが、今後も2人でも色々なことをしていきたいと期待と意気込みを語った。

(2に続く)

ページ:

1

2

人気記事ベスト20