SMエンタ、SHINeeジョンヒョンの死にコメント「大きな衝撃と悲しみの中で故人を哀悼」

SHINeeジョンヒョンの死亡の報に関連して所属事務所SMエンタテインメントは18日夜、公式報道資料を通じてジョンヒョンに哀悼の意を示した。

SMはまず「あまりにも胸が痛く、悲痛なお知らせをすることになり、申し訳ありません。12月18日、SHINeeのメンバー、ジョンヒョンが突然、我々のもとを去りました」とジョンヒョンさんの死を報告し、「故人は、ソウル・清潭洞(チョンダムドン)のレジデンス(宿泊施設)で倒れているところを発見され、近くの大学病院に搬送されましたが、18日夜、死亡が確認されました」と死亡に至った経緯を伝えた。

続けて、「愛する息子や弟を見送ることになった家族の悲しみとは比べものになりませんが、長い時間を共にしてきたSHINeeのメンバーと我々SMエンタテインメントのアーティスト仲間、スタッフ全てがあまりに大きな衝撃と悲しみの中で故人を哀悼しております」と苦しい胸の内を吐露。そして、「ジョンヒョンは誰よりも音楽を愛し、いつも最善を尽くしてステージを見せてくれる最高のアーティストでした」と才能あふれるアーティストの突然の死を惜しむとともに、「ジョンヒョンに惜しみない愛を送ってくださったファンの皆さんに悲しいお知らせをすることになり、さらに胸が痛みます」と悲しみに暮れるファンを気遣った。

メディアに対しては、「突然の悲報に大きな悲しみの中にいる家族が故人を敬い謹んで追悼できるよう、デマや推測性の報道は自制していたけるよう、切にお願いします」と要望した。

最後に「家族の意思により、葬儀は家族や知人、事務所の仲間が出席し、最大限静かに執り行う予定です。改めて故人の最後の道に深く哀悼いたします」という言葉でしめくくった。

人気記事ベスト20