ク・ヘソン、14年間を共にしたYGエンタテインメントと決別

女優ク・ヘソンが14年間所属したYGエンターテインメントを離れたことが12日、明らかになった。

YGエンターテインメントは12日、公式報道資料を通じて「女優ク・ヘソンと専属契約が最近終了したことをお伝えする。YGは約14年間信頼と格別な思いで共にしたク・ヘソンの意見を尊重し、再契約をしないことで合意した」と発表した。

ク・ヘソンは2003年に歌手志望生としてYGと契約。2004年シットコム「ノンストップ5」でデビューし、2009年「花より男子~Boys Over Flowers」でお茶の間に強烈な印象を与えた。その後俳優活動はもちろん、歌手、作家、作曲家、映画監督、画家など幅広くかつよく。昨年5月には俳優アン・ジェヒョンと結婚した。現在は所属事務所を探している。

YGは「今まで私たちの所属女優として、ク・ヘソンを愛してくださったファンの方々に深い感謝を捧げる」とし、「YGはク・ヘソンが新しい活動と共に健康で幸せになってくれることを願い、これからも変わりなく精一杯応援していきたい」と付け加えた。

人気記事ベスト20