RAIN、10月に誕生した長女に言及「世の中の役に立つ子供に育てたい」

歌手RAIN(ピ)が10月に誕生した長女に対する思いを自らの口で言及した。

RAINは1日午後、ソウル・龍山(ヨンサン)ドラゴンシティ・スカイキングダムで開かれた新ミニアルバム「MY LIFE 愛」発売記念記者懇談会に出席。妻で女優キム・テヒとの間に10月に生まれた第一子となる長女について聞かれると、「家族の話をすることに対する悩みが多い」と打ち明けた。そのうえで「一言で言うならば、僕の人生の第2幕が開かれた。その感情はなんとも言いようがない。本当に感謝している」と話した。

さらに、「僕が家長になって、このように安定した生活を送れることができるようになったのは、たくさんのファンのみなさんのおかげだと思う」とファンに感謝。そして、「世の中に役に立つことができる子供に育てたい」と父親としての思いを明かした。

最後にRAINは「僕の妻と子供に良くないと思うので、今後は家族の話はしないつもりだ」と宣言し、了解を求めた。

人気記事ベスト20