少女時代テヨンの交通事故をめぐり被害者や消防署関係者らが異なる主張を展開…真実は?

少女時代のテヨンが三重追突事故を起こした中、被害者から有名人であるため特別扱いされたという主張が飛び出し、真実をめぐる攻防が繰り広げられている。

テヨンは28日午後7時40分、ソウル・地下鉄7号線の鶴洞(ハクトン)から論硯(ノニョン)駅方向に向かう3車線道路を愛車のベンツで走行中、信号待ち中のタクシーに追突。その衝撃でタクシーはすぐ前に止まっていたアウディに追突した。

事故直後、所属事務所SMエンタテインメントは「個人のスケジュールで移動中にテヨンの運転不注意により交通事故が発生した。相手の車両の運転手さん及び乗客の皆さんに申し訳ない気持ちだ。事故の処理に最善を尽くす。現在、テヨンは交通事故に対する措置を取った後帰宅し、安静にしている。けがはない。迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪した。

しかし、その後、タクシーに乗っていた被害者だと主張するA氏が登場し、「芸能人特恵」の議論が巻き起こった。A氏はSNSを通じて事故当時の映像と共に文をアップした。A氏は「加害者が有名な女性アイドルというからなのか、加害者を先に乗せて病院に行こうとして、被害者たちに待つように言った」と主張した。また、「応急室に来たら、救急隊員の一人が、写真でも撮った方がいいんじゃないかと冗談を言った」として、救急隊員たちの態度を批判した。

ところが、事故現場に出動した牽引車の運転手だと主張するB氏が登場。B氏は「テヨンが保険の手続きをしており、マネジャーの車に乗って病院に移動した」と証言し、A氏の主張に反論した。

その後、2人の主張が交錯し、A氏のSNSには非難まがいの書き込みが殺到したため、A氏は自身のSNSを非公開に転換した。

事故当時、出動した消防署は、被害者よりテヨンを先に乗せたことについて「テヨンが胸の痛みを訴えたため救急患者と判断し、先に確認したこと」と釈明した。

さらにA氏と一緒にタクシーに同乗していたと主張したC氏が登場し、新たな局面を迎えた。C氏は、被害者が非難を受けなければならない状況に、書き込みを掲載することになったとした上で、C氏は「事故直後、そして今まで、加害者からはどのような謝罪の言葉を聞くことができなかった」と主張。「事故後約10~200分あまり、外に放置されており、誰もどこが悪いかと質問しなかった」として事故当時の救急隊員と警察の事故処理に対する残念な気持ちを吐露した。

被害者に続き、牽引車の運転手、消防署関係者、また他の被害者に至るまでテヨンの交通事故をめぐり、それぞれ違う主張をしており、議論が拡大している。

人気記事ベスト20