少女時代テヨン、自ら事故を謝罪「心配をかけて申し訳ありません」

交通事故を起こした少女時代のテヨンが、自ら立場を明らかにした。

テヨンは29日、自身のInstagramに「心配をおかけして申し訳ありません。(追突したタクシーの)運転手さんには謝罪し、残りの何人かの方々は私とのコンタクトを望まれませんでした」と綴った。そして、「誤解が生じたのでお話しします。もう少し気を付けて運転するつもりです。心配をかけて申し訳ありませんと」と重ねて謝罪した。

ソウル・江南警察署や目撃者などによると、テヨンは28日午後7時40分ごろ、地下鉄7号線鶴洞(ハクトン)駅から論硯(ノニョン)駅方向に向かう3車線道路を走行中、前を走っていたタクシーに追突した。この事故でタクシーが前の車に追突するなど玉突き衝突事故ととなった。

事故発生直後、SMエンタテインメント関係者は「テヨンの運転不注意で交通事故が起きた。相手の車両運転者と乗客に申し訳ない。事故処理に最善を尽くす」と話した。

事故をめぐりネット上には、批判派と擁護派の意見が飛び交った。あるネットユーザーは「お姉さん、コメントを見ているのなら、公開的に必ず謝罪文を掲載してください」と書き込んだ。これにテヨンは「これは公式的に謝罪する事ではなく、当事者に謝罪しないといけない事です。事故処理は終えているから、心配しないで。お姉さんを心配してくれてありがとう、いつも運転に気をつけるね」と応じた。

また、自身を被害者と主張するネットユーザーが、SNSにテヨンが事故の加害者にも関わらず特別扱いされたという内容の文章をアップすると、論争が起こった。「(タクシーの)運転手さんではなく、他の被害者の方々は(コンタクトを)望んでなかったということなので、それは後ですればいいことだと思います。悪質コメントをする人たちに合わせないでください。SNSに虚偽の事実を流布した彼らを告訴してほしい」とテヨンを擁護するコメントには、「はい、そうする予定です。私がもう少し注意します」と伝えた。

人気記事ベスト20