LOVELYZ所属事務所、マネジャーによるファン威嚇騒動を謝罪

ガールズグループLOVELYZの所属事務所Woollimエンターテインメントは27日、ファンサイン会で起こったマネジャーによるファン威嚇騒動について、公式ファンカフェを通じて謝罪した。

Woollimは「マネジャーと関連した不祥事に関して謝罪します。該当マネジャーがファン方に行った言動で傷ついたすべての方々に申し訳ないという言葉をお伝えします。該当マネジャーはすべての部分で本人の過ちを認めており、この責任を問い、措置をとります」と伝えた。

続けて「今後、このようなことが二度と発生しないよう、当社の内部的に再整備して努力します。より謙虚な姿勢で尊重と信頼をもとに進んでいくことができるよう最善を尽くします」と再発の防止を約束した。

これに先立ち、LOVELYZのファンだと明かしたあるネットユーザーは26日に行われたファンサイン会の途中、マネジャーとトラブルが生じると、そのマネジャーが自分をトイレに連れて行き、扉を閉めて威嚇したと主張した。

これと関連し、該当文の真偽をめぐり攻防があったが、最終的にWoollim側はこれを認めて公式謝罪した。

人気記事ベスト20