ファン威嚇疑惑のLOVELYZマネジャー、過ち認め事務所を退社へ

ガールズグループLOVELYZのマネジャーがファンを威嚇したとして物議を醸す中、該当マネジャーA氏を名乗る人物が所属事務所Woollimエンターテインメントを自ら退社する意思を明らかにしたことが28日、分かった。

A氏を名乗る人物は28日、インターネット掲示板DCINSIDEのLOVELYZ掲示板に、名刺と共に謝罪の意を込めた長文の直筆メッセージをアップした。

A氏は26日、LOVELYZのファンサイン会で一人の男性ファンとトラブルがあった事実を認め、「突然の状況に当時、恐怖を感じ、困惑されたと思い、改めて謝罪の言葉を申し上げたい」と明かした。

続けて、男性ファンがサイン会の途中、席を移動せず、移動を促す別のマネジャーB氏を威嚇するようなジェスチャーと会話をする姿を目撃したと主張。そしてA氏がファンと話そうとする過程でトラブルがあったと明らかにした。

A氏は「これからよく会うだろうから互いに顔を赤らめず接しようという言葉と共に再びファンサイン会に戻り、事が終わったと思っていた。しかし、ファンの方々の気持ちをきちんと理解できず、きちんとした謝罪がなくことを終えたと考えてしまった点、本当に申し訳ないと思っている」と再度、謝罪した。

A氏は27日からLOVELYZのスケジュールから外れているという。しかし、「私の過ちを認め、これ以上他の人たちに被害が及ばないことを祈り、自ら退社しよう思う。今回の件は誰のせいでもなく私一人の過ちだ」と強調した。最後に「中途半端な言動により問題を起こしてしまった点を心より謝罪申し上げ、最も衝撃を受けられた男性ファンにもう一度謝罪申し上げる」と付け加えた。

LOVELYZのファンと名乗るネットユーザーは26日のファンサイン会中、一人のマネジャーが自分を化粧室に連れて行き、威嚇的な雰囲気を作り上げたと主張した。これに関連し、該当文の真偽を置いて攻防があったが、Woollimエンターテインメントエンターテインメントはこれを認め、公式的に謝罪した。

人気記事ベスト20