ヨン様夫人パク・スジン、「保育器割り込み」疑惑を釈明 「まったく事実ではない」

ヨン様ことペ・ヨンジュンの夫人で女優パク・スジンが最近オンラインで話題になっていたいわゆる「保育器(インキュベーター)割り込み」疑惑に関連し、「事実と異なった形で歪曲された部分がある」と否定した。

パク・スジンは27日、自身のInstagramに自筆による長文の手紙をアップし、「最近、インターネット上で提起されていた問題についてお詫びを申し上げ、事実とは異なった形で歪曲された部分については正確な事実をお伝えしようとこのコメントを書きました」と切り出した。

続いて、「まずマネジャーの同行および飲食物の持ち込みに関する問題は、搬入可能なエリアまではそうしましたが、集中治療室内部にマネジャーが同行したり飲食物を持ち込んだりした事実はありません」ときっぱりと否定。その上で、「昼夜を通して苦労されている医療スタッフの方々に感謝の気持ちを表そうとした行動でしたが、短絡的な考えでした」と反省の意を示した。

一方、「重患者室での面会に私の両親が同行したのは事実」としながらも、「私にとっては初めての出産であり、少し早く生まれることになったため判断力が落ちたようで、正しい判断ができませんでした。その部分については深く反省しています。本当に申し訳ありません」と謝罪した。

ただ、「インターネット上に出回っている保育器使用の順番に関するデマはまったく事実ではないことを明らかにしたいと思います」と強調し、「今後は2児の母親として何事につけても手本となるように努めます。いまこの時間も世の中に少し早く生まれた子供のそばを守っているすべての親御さんに向けて一緒にお祈りします」と付け加えた。

パク・スジンをめぐっては先週、オンライン掲示板に「有名芸能人夫婦の赤ちゃん特権問題」というタイトルの投稿文が掲載された。投稿文には有名芸能人夫婦が順序を守らないで保育器に入らなければならない他の赤ちゃんの代わりに、恩恵を受けて自分たちの赤ちゃんを保育器に入れさせたという内容が書かれていた。実名は挙げられていなかったが、ハングルのイニシャルがペ・ヨンジュン-パク・スジン夫婦と一致していた。特に投稿文には、「パク・スジンが恩恵を受けたために被害を受けた別の赤ちゃんが死亡した」という内容が書かれていたため、パク・スジンに激しい非難が向けられた。また「感染の心配があることから、1日20分だけ面会が可能な重患者室にパク・スジンがドーナツ数十箱を買って持参し、看護師たちに配った」「実家の両親やマネジャーを頻繁に出入りさせて面会時間でないときも出入りできるようにした」などと主張した。

この投稿文が掲示板に載せられた後、別の関連掲示板などで事実をめぐって論争が広がり、関連内容が記事化される状況まで事態が大きくなった。現在、この投稿文は削除されている。

パク・スジンは2015年にペ・ヨンジュンと結婚。昨年10月に第一子を出産した。現在、第二子を妊娠中だ。

人気記事ベスト20