ユ・サンム、大腸がんで闘病! ステージⅢ期…10日に手術予定

コメディアンのユ・サンムが大腸がんと闘病していることが7日、明らかになった。

所属事務所Koenstars側は7日、TVDailyの取材に、「ユ・サンム氏が大腸がんⅢ期の診断を受けた。8日に入院し、10日に手術を受ける予定」と明かした。所属事務所も最近になって大腸がんの事実を知ったといい、「手術の経過を見なければならないが、いい結果が待っているはずだと信じている」と話している。

最近、京畿道一山(キョンギドイルサン)のある病院をユ・サンムが頻繁に訪れる姿が目撃されていた。

ユ・サンムは昨年5月、性的暴行未遂容疑で起訴され、7カ月間にわたる法廷闘争を経験した。事件後、出演中だったすべての番組から降板して取り調べに応じた。同12月には「嫌疑なし」として不起訴処分となったが、社会的物議を醸したことに対して謝罪するとともに自粛の時間を持った。

ユ・サンムは自粛中、私費をはたいて会議スペースとおやつを用意するなど、コメディアンの後輩たちをサポートしており、後輩たちも闘病のニュースにショックを受けている。

所属事務所は「まず、手術を受けた後の経過を見なければならないが、本人も健康回復に最善を尽くしている。痛みを乗り越え、もうすぐいい姿でお会いできるように努力します」と付け加えた。

人気記事ベスト20