キム・ジュヒョク、交通事故で死亡 「ホジュン」「1泊2日」などで活躍

俳優キム・ジュヒョクさんが30日午後、交通事故で死亡した。 45歳の若さだった。

キム・ジュヒョクさんはこの日午後4時30分ごろ、ソウル・三成洞(サムソンドン)のある道路で車両が転覆し、火災が発生する事故を起こした。

救助されたキム・ジュヒョクさんは直ちに病院に移送され心配蘇生を受けたが、帰らぬ人となった。

ソウル・江南警察署は「三成洞で交通事故が発生したことは事実だ。しかし正確な場所、事故の原因などについて調査されたことはまだ何もない。正式な手続きを踏んでコメントを発表するだろう」と明かした。

キム・ジュヒョクさんは1999年にドラマ「カイスト」でデビュー。ドラマ「プラハの恋人」「ホジュン~伝説の心医~」「応答せよ1988」や映画「ハッピーログイン」「ビューティー・インサイド」「コンフィデンシャル/共助」、バラエティ「1泊2日」などで幅広く活躍し、多くの人々に愛された。

プライベートでは映画「YOURSELF AND YOURS」で共演したのをきっかけに女優イ・ユヨン(27)と恋人に発展。昨年12月に熱愛事実を公開し年の差カップルとして話題を集めた。

また、27日にソウル・慶煕(キョンヒ) 大学・平和の殿堂で開催された「第1回THE SEOUL AWARDS」で助演男優賞を獲得するなど公私にわたって充実した日々を送っていた。

人気記事ベスト20