江南区庁、SJシウォン側に過怠金5万ウォンを賦課! 愛犬による死亡事故での安全義務違反

ソウル・江南の有名韓国料理店「韓一館(ハニルグァン)」の代表が、SUPER JUNIORシウォンの愛犬に噛まれて死亡した中、ソウル・江南区庁がシウォン側に過怠料賦課の処分を下した。

YTNは25日、「江南区庁は5万ウォンの過怠金処分の告知書を24日に発送した。異議申請書も一緒に送ったが、まだ異議申請は入っていない状態」と報道した。「動物保護法は、ペットを同伴して外出する時は、紐などの安全措置を取るようになっているが、これを破った」という理由で江南区庁が過怠金処分の告知書を発送したと説明を付け加えた。

死亡した韓一館代表の血液から緑膿菌が検出されたという議論が起こると、シウォン氏側はペットから緑膿菌が検出されていないという検査所見書を江南区庁に提出。区庁側も、ペットの血液と歯、皮膚から採取したサンプルを微生物培養検査した結果、緑膿菌が検出されていないという検査所見書をシウォン側が送ったと明らかにした。

YTNは「遺族側は事故後、ペットを洗った可能性が大きいと話した」「事故当時にペットに緑膿菌がなかったとは確信しがたいと指摘した」と報道した。

※写真はYTN放送画面キャプチャー

人気記事ベスト20