カムバック控えたSJヒチョル、左足首の痛みが深刻…「正常に活動できないと思う」

SUPER JUNIORのヒチョルがカムバックを控え、自身の健康状態に対する不安をファンに伝えた。

ヒチョルは17日午後、自身のInstagramに左足首の痛みに言及し、「わかっていらっしゃる方々はご存知でしょうが、私は11年前の交通事故により左足をまともに使えない状態です。 それでもこれまで面白く、楽しく活動してきたし、どんなに痛くても笑ったりしました。でも歳月が過ぎたせいか、私も弱虫になりますね。この前『人生酒場』で話してあげたように、足首の痛みがひどくなる場合が増えました」という文を綴った。

このような文章を公開した後、ヒチョルに対する関心は大きくなった。足の状態を心配するコメントが寄せられ、久しぶりにカムバックするSUPER JUNIORのステージでヒチョルの姿が見られないかもという声までが寄せらた。

ヒチョルは「私たちSUPER JUNIORは11月6日にカムバックします。久しぶりのカムバックにメンバー、ファン皆が浮き立っています。私も浮き立っていました。しかし、たぶん私が多分正常に活動することはできないと思う」と告白。「長い間待ってくれたファンの方々、メンバーたちに今一度すまない気持ちを伝えますが、とても自信がないですね。 いつも心の中でこんな思いを持っていた私としては、今のメンバーたちとファンの方々に面目がありません。許していただけるなら、もっと感謝する気持ちを持って、笑ってリハビリ治療を受けながら、元気を出すようにします」と付け加えた。

これに対して、所属レーベルLable SJ側は18日、「今回SUPER JUNIORの活動でヒチョルは以前と同じく、ステージに立つ。過去の活動でもステージには上がったが、激しいダンスは踊らず、パートだけ担当するレベルだった」と説明。「本人も発言に対する反応に困惑したみたいだ。ただ、活動に対する心配でそのようなことを言ったようだが、このように熱い反応は予想もできなかったようだ」と付け加えた。

SUPER JUNIORは11月6日にカムバックする。

人気記事ベスト20