少女時代離れたスヨン、ダニエル・ヘニ―の所属事務所と契約論議中?!

少女時代を離れたスヨンが、ダニエル・ヘニーの所属事務所エコ・グルーバルグループと契約の話し合いをしていることが17日、分かった。韓国・日刊スポーツが報じた。

報道によると、芸能関係者の話として、「スヨンがダニエル・ヘニーらが所属しているエコ・グローバルグループと契約について話を交わしている。同社とは以前から付き合いがあり、自然に言葉を交わし、良い方向に結果を導き出している」と明らかにした。同社関係者も「スヨンと話を交わしたのは事実だが、まだ契約書を書いていない。敏感な事項なので、慎重に論議しようとしている」と話した。

スヨンのこのような動きは、国内だけでなく、海外進出に対する意欲もうかがうことができる。エコ・グローバルグループは、ダニエル・ヘニー、現在は契約が満了したスヒョンら、海外エージェンシーとしても活発に動いているためだ。スヨンは少女時代としてデビューする前から日本で活動し、デビュー後は、米国でも数回公演し、人気を博した。

スヨンは演技に対する欲を見せ、俳優事務所に移籍することを予告した。2007年「止められない結婚」で脇役として初めて演技に挑戦し、2012年tvN「第3病院」では主演を務めた。その後も「恋愛操作団:シラノ」、「私の人生の春の日」、「38師機動隊」、「知るかもしれない人」など多様なジャンルとキャラクターを消化し、フィルモグラフィーを築いた。

10年間SMエンタテインメントに所属したスヨンは最近、契約が満了し、再契約をしない意思を伝えた。現在MBCドラマ「御膳立てする男」に出演中で、SMからマネジメント支援を受けているが、新しい所属事務所が決まり次第、整理する計画だ。

人気記事ベスト20