PRISTINカイラ、健康上の理由で活動を中断! 米国で治療に専念

ガールズグループPRISTINのカイラが活動を暫定的に中断することになった。

所属事務所PLEDISエンターテインメントは12日、PRISTINの公式ファンカフェに「カイラが秋夕(チュソク:日本のお盆にあたる韓国の祭日)に米国の実家で休息を取り、健康診断を受けた結果、医療陣から休むよう勧められた」と明らかにした。

そして、「カイラは治療を並行しながらPRISTINの活動に参加することを望み、当社もカイラの活動を望んだが、医療陣はカイラの健康状態は現在、活動するには無理があり、何よりも休息が優先だという所見を明らかにした。残念だが、カイラの健康が回復するまで米国で治療に専念することを最優先にすることを決定した」と伝えた。

所属事務所は「突然のニュースを伝える事になり、PRISTINとカイラを応援して下さるファンの皆様にお詫び申し上げる。カイラの健康が何よりも優先で、最善の健康状態に回復することが最も重要だと判断したため、長期的に見てこのような決定をすることになった。カイラは治療を受け、健康が回復次第、PRISTINの活動に復帰する予定だ」と説明した。

カイラは今年3月にPRISTINとしてデビューし、同8月には2ndミニアルバム「SCHXXL OUT」を発表、タイトル曲「WE LIKE」で活動した。

人気記事ベスト20