超新星ユナク&ソンジェ、ツアーを完走! 年末に東名阪ライブ「2U」開催をサプライズで発表

超新星のユナクとソンジェが16日、東京・中野サンプラザホールで、「超新星 LIVE TOUR 2017~DUAL~」のファイナル公演を開催した。9月6日の広島公演を皮切りに、鹿児島、福岡、名古屋、神戸、そして東京と駆け抜けてきた2人は、8月30日にリリースした新ミニアルバム「2Re:M」(ニ・アール・イー・エム)の収録曲を中心に、それぞれのソロ曲や超新星の曲など、生バンドの演奏をバックにバラエティーに富んだステージを展開。アンコールでは、12月に再び名古屋、大阪、東京で2人のツアーを開催することを発表。歓喜に包まれる中、「DUALツアー」をしめくくった。

客席を埋め尽くした約2500人のMILKY WAY(超新星のファン)のペンライトが揺れる中、白い幕が上がるとステージに設置された階段上にユナクとソンジェが登場。悲鳴に包まれる中、「Don’t look at me bad」でライブはスタートした。バックダンサーを従え、スタンドマイクを使いながらリズミカルなダンスを披露する2人。曲の途中でユナクが「東京のみなさん、元気ですか!? きょう最後の日だから盛り上がる準備はよろしいですか?」と煽る。大きな歓声が会場に響きわたると、「OK レ
ッツゴー!」と叫んでソンジェとともにノリノリに歌い、踊った。そのまま軽快なダンスナンバー「Dancin’」、そして、「最後の花火」と新アルバム収録曲を続けざまに3曲パフォーマンスすると、会場の熱気は早くもヒートアップだ。

歓声の余韻が残る中、ソンジェが「ハイ、MILKY WAYのみなさん、こんばんは! 君たちは?」「MILKY WAY!」「僕たちは、超新星で~す」と恒例のコール&レスポンスで、まずはMILKY WAYとの絆を確認した。

ユナク&ソンジェの”お兄ちゃんず”による約1年ぶり2回目の全国ツアーも東京2日目のこの日がいよいよラスト。ユナクが「ソンジェ君、(ツアー最後の日が)来ましたね」と話しかけると、ソンジェは「ハイ、来ました」とニッコリ。お互いに「お疲れさま」とねぎらうと、ユナクは「無事にここまで来られて、すごくよかったなと思います」と感慨深げ。「明日も明後日も歌うことがないから、きょう全力で行くんで、みなさんよろしくお願いします」とあいさつすると、大歓声に包まれた。ソンジェは「2回目だから、初めてのライブよりは安心しましたけど、今でもちょっと緊張してます」と告白。ユナクが笑いながら、「緊張してるの?」と聞くと、「汗が出るじゃん」と照れ笑い。「でも、みんなのおかげで最後まで頑張れると思います。みなさんがちょっと大きい声で応援したらもっと頑張りますんで、踊りますんで、よろしくお願いします」と宣言し、大きな拍手を浴びた。

今回のツアータイトル「DUAL」については、ユナクが「1つを2つに分けるっていう意味なんですけど、僕たちせっかく2人だけの超新星のライブなんで、6人バージョンじゃない2人だけの色をみなさんに見せたくて、今回は『DUAL』ってタイトルに決めました」と説明。すかさず、ソンジェが、「君の色は何ですか?」と質問。ユナクはちょっと考えてから、「僕の色は…赤!」。ソンジェについてユナクが「黄色かな」と言うと、会場からは一斉に「え~」とブーイングが…。「ソンモ君が黄色? ジヒョクもたまに黄色だよね。ぐちゃぐちゃだよね。ごめんね」と謝り、「ソンジェはスカイブルーみたいな感じだよね」と言い直すと、客席も「あ~」と納得だ。

続いてソンジェがライブの内容を紹介。「今回は、僕たち超新星の曲もたくさん歌うし、僕とユナクの新曲もたくさん歌うし、ソロステージもあるし、ユナクのスペシャルなラップなどいろいろありますので、期待してもいいですよ」と自信を見せた。

ライブに戻り、切ないバラード「サヨナラの意味」「愛してると言えないまま君を愛してた」をしっとりと歌いあげた。超新星のボーカルチームを引っ張り、ミュージカルでも活躍している2人。感情豊かに切々と歌い上げる表現力、そして観客を圧倒するパワフルなボーカル力にはさらに磨きがかかり、客席も2人の歌声に聴き入った。新アルバムのリード曲「Song for you」でも声質が違う2人の声が絶妙なハーモニーを生み出す。客席をユナク&ソンジェワールドへと引き込み、「YOU」「君と帰る場所」へとつないだ。

ソロのステージでも魅せた。先陣を切ったのはユナク。日本語のラップを刻んだ後、「アー・ユー・レディ?」の掛け声とともにハードなロックナンバー「スリル☆クエスチョン」からスタート。汗をほとばしらせながらワイルド&セクシーに激唱する。「Come on!!!」「ビタミン チョコレート」そして、「Because of you」をメドレーで歌い、さらに汗だくに。それでも、「この瞬間だけは汗を気にしない。化粧? 気にしない。たったひとつ、みんなの目線だけ気にしてる」とキザなセリフで悲鳴を誘った。ソロのラストは「このまま君をみつめていたい」でしめくくった。

続いてソンジェの登場。オープニングは自身の主演映画「Guest house」のイメージアルバム収録曲「I LOVE YOU」。続いて「BLIND」「Good Time」を披露。客席のアツい反応に「よかった」と笑顔を見せると、右手の小指側の側面に描いた「MW♥」の文字を見せながら、「みなさんのために”タトゥー”をしました」とアピール。実はこれ、入隊中のソンモが、MILKY WAY WAYの設立9周年の記念日を祝福するため、そして、全国ツアースタートさせたユナク&ソンジェにエールに送るために今月1日と7日にTwitter にアップした写真に描かれたものと同じ図柄。それだけに、ファンは大興奮となった。

さらにソンジェは「ソロステージのために僕が初めて発売したアルバムの中にある、あんまり人気はなかったんですけど、すごくノリノリな感じで…」と自虐コメント。会場からは即座に、”そんなことないよ”という思いが込められた「え~」の声があがったが、「でも、みんなは一番好きな曲が『愛を叫ぶ』だったし、『Good Time』が一番下でした」と笑わせ、「でも、すごくノリノリな感じですし、みんながすごく盛り上がってくれて本当に楽しくやれました」と微笑んだ。

カバー曲にも挑戦。「実はロックがすごく好きなんでロックの曲を準備しました」といって flumpoolの「夜は眠れるかい?」をエネルギッシュに披露。ソロのラスト曲は「愛を叫ぶ」。力強い歌声と魅惑的な高音ボイスで魅了した。曲のエンディングではユナクがステージ後方から現れ、「ソンジェを叫ぼう~」と歌いながら階段を降りて合流。再び2人のトークが始まると、ユナクが「僕たちのミルキーへの愛が見えますか」と言って、右手を見せるとソンジェ同様に「MW♥」の文字が…。これには客席からさらに大きな歓声が上がった。

盛り上がる会場が落ち着いたところで、ユナクは「オーラスなんでちょっと切なく寂しい気持ちもあるんですけど、この時間、みなさんと大切な思い出を作って、きょう無事に終えることができたらうれしいなと思っています」。そして、今年1月25日にリリースした、2人にとって初のミニアルバム「Yours forever」のリード曲で清水翔太がプロデュースした「君じゃなきゃ」をしっとりと歌い上げ、「The Answer」へ。

ブリッジ映像を挟んだ後の「シュビドゥバ♪」では、上下白の衣装にチェンジ。ユナクは一輪の赤い花を手に持って登場し、客席のファンにプレゼント。ソンジェはアンブレラを手に登場。そユナクもアンブレラを受け取り、華麗なダンスパフォーマンスを披露した。「Winter paradise」では、1階の客席扉から2人が登場。大きな悲鳴に包まれる中、ファンたちと触れ合いながら通路を歩いてステージへあがる演出でファンを喜ばせた。

(2に続く)

ページ:

1

2

人気記事ベスト20