少女時代ユナ、”おめでた”キム・ハヌルに変わり釜山国際映画祭開会式の司会者に決定

少女時代のユナが、女優キム・ハヌルに代わって「第22回釜山国際映画祭」の開会式で司会者を務めることになった。

開幕を2日後に控えた10日、第22回釜山国際映画祭側は少女時代のユナを開幕式の司会者に決定。俳優のチャン・ドンゴンと一緒に来る映画祭の華麗な幕開けを華やかに彩る予定だ。

当初、開幕式の司会者に選ばれていたキム・ハヌルにこの日、おめでたのニュースが飛び込んでき。本人は司会者として開幕式に出席する意志を示したが、医療陣の勧めにより、残念ながらMCを辞退することになった。ユナは吉報に接した先輩に対し、お祝いと応援のメッセージを伝えるとともに、開幕式の司会者を引き受けることになった。

人気記事ベスト20