SM「少女時代の解散はまったく考えていない」 スヨン&ティファニー&ソヒョン脱退で5人組に再編

少女時代のスヨン、ティファニー、ソヒョンの3人がSMエンタテインメントと再契約をせず事務所を離れるとの一部報道を受けて9日、SMは「少女時代はSMにとってもファンにとってもとても大切で意味のあるグループだ。解散はまったく考えていない」と公式コメントを発表した。

少女時代は再契約を済ませたテヨン、ユナ、ヒョヨン、ユリ、サニーの5人体制に再編される。5人の今後の活動についてSMは改めて話し合う予定だ。ボーカルラインによるユニット「テティソ」として活動したティファニーとソヒョンが抜けること、デビュー当時の9人組から5人組へと約半減するだけに、グループとしてのパワーダウンは避けられない状況だ。それだけに「少女時代」のブランド価値低下をどこまで食い止められるかも注目される。

SMとの再契約が不発に終わったスヨン、ティファニー、ソヒョンは海外留学およびソロ活動に力を注ぐとみられる。先ごろティファニーは留学と海外進出計画を明らかにしている。スヨンとソヒョンは演技活動に力を入れる可能性が高い。

2007年に9人組でデビューした少女時代。数々のヒット曲を送りだし、国民的なガールズグループとして頂点に君臨した。2014年9月にジェシカが脱退し、8人組になった後も、トップガールズグループの座を維持してきたが、デビュー10周年の記念イヤーに3人がチームを離れるという残念な事態を迎えることになった。

人気記事ベスト20