日本の一部ネットユーザー、平昌五輪HP世界地図に日本列島なしにも「感謝」…その理由とは?

平昌五輪の公式ホームページに掲載されている世界地図に日本列島がなかった問題を受け、日本のネットユーザーはTwitterやネット掲示板で怒りを爆発させる中、一部ネットユーザーたちからは「ありがとう」の声もあがった。その理由とは…?

問題の地図は、平昌五輪の公式HP内の「ドリーム・プログラム」を紹介するページにあるものだ(https://www.pyeongchang2018.com/en/dream-programme)。気候などの原因で練習が難しい国や地域の青少年を招待し、ウインタースポーツを体験する機会を与える取り組みだが、参加国を紹介する世界地図のなかから日本列島が抜け落ちている。

これに対し日本のネットユーザーたちからは「これはひどい」「陰湿すぎ」「これわざとでしょ?」「差別じゃないの?」「五輪憲章である『五輪を政治利用してはならない』っていう違反を犯してる」「政治利用するな」といった怒りの投稿が相次ぎ、なかには「ボイコットすべきだ」といった意見もあった。

そうした中、「ありがとう」と感謝するネットユーザーもいた。理由は、日本列島とともに、樺太(ロシア・サハリン)や千島列島(ロシア・クリル列島)も記載されていなかったからだ。

日本のネットユーザーにとって日韓両国の対立の歴史を考えれば、単純ミスで日本列島が抜け落ちたとは考えにくく、今回の騒動についても「意図的に”日本だけ”を消した」と受け止めている。樺太と千島列島は地形的に見れば、日本列島の一部に見える(注:日本政府は択捉島、国後島、色丹島および歯舞群島を北海道の属島としてロシアに返還を求めている)ため、うっかり日本だと思い込んで一緒に消してしまったのではないかと推測している。公式HP側が、樺太と千島列島を日本の領土であると間接的に認めてくれた、との論理が成り立つわけだ。このため、あるネットユーザーは「千島も日本の領土、樺太も日本の領土で有るという認識で居るのですね、ありがとう!」と感謝し、別のネットユーザーは「あの、樺太もないんだけど。ということは、樺太も日本領だと認めるんですね」と書き込んだ。

ちなみに、このような世界地図からの”日本列島抹殺事件”は過去に何度もあり、サムスンが昨年、世界最大の家電見本市「CES2016」でのイベントで使用した巨大世界地図にも日本列島が書かれておらず、話題になった。また、韓国で日本列島の地図とともに「独島は我が領土!」の文字が書かれた消しゴムが発売され、注目されたことも。消しゴムを使うために日本列島が消えていくという単純な思考で作ったものだが、同時に「独島は我が領土」という文字も消えてしまうという、オマヌケな商品でもあった。

また、日本列島を消してはいないものの、実際には朝鮮半島よりも日本列島の方が面積が広いのにもかかわらず、日本列島を朝鮮半島よりもわざと小さく描いたりするケースもよくある。

日本での報道を受けて韓国メディアも続々と報じているが、その多くが淡々と事実関係を述べている。国民日報は、記事の中身こそ他メディアと同様に事実関係を短く報じているが、「平昌HPから消えた日本…”故意?” 不平ぶつぶつ」との見出しをつけている。

人気記事ベスト20