パク・ボゴム、ファンに布教活動? Twitterで教会の集会を広報

俳優パク・ボゴムがSNSにアップした書き込みが騒動になっている。

パク・ボゴムは25日、自身のTwitterに「#PrayForKorea」というハッシュタグとともに英語で、自身が通っているイエス中心教会が主催する「国家と民族の平和のための祈祷聖会」の場所と日時を伝えた。

このツイートに接したネットユーザーたちは舌戦を繰り広げている。一部ネットユーザーは「趣旨はよくても有名芸能人が宗教団体の集会を広報することには違和感を覚える」などと否定的な反応を見せた。その一方で、「俳優が個人のSNSで宗教活動をすることに問題はない」と擁護派もいる。

パク・ボゴムの宗教をめぐる騒動は初めてではない。過去にインタビューで自身の宗教に関する騒動と関連した質問について、「僕は平凡なキリスト教の信者だ。異端や新天地(既成教会乗っ取り教団)ではない。自分が異端と誤解されているようで残念」と明かしたことがある。

ただ、イエス中心教会は、一般教会とは異なる“異端”とされ、韓国キリスト教総連合会からは「異端」と規定されている。

パク・ボゴムと教会の関係は深く、同教会のイ・チョソク牧師が教会のホームページに書いたパク・ボゴムの父の証言によると、パク・ボゴムという名前はイ・チョソク牧師が命名したという。また、パク・ボゴムが幼い頃、高熱にうなされて病院を転々とした際、これといった快癒の兆候を見せなかったが、その時、父親がイ牧師の元に連れて行ってみろという誰かの言葉を受け、李牧師を訪れて祈祷を受けると、まもなくして治ったことを明らかにしたことがある。

人気記事ベスト20