T.O.Pと大麻吸引のハン・ソヒ、衝撃の告白!「4人組グループのリーダーとしてデビューする」 

BIGBANGのT.O.Pと大麻を吸引した歌手練習生ハン・ソヒが、4人組グループでデビューする予定であると明らかにして衝撃を呼んでいる。

ハン・ソヒは24日夜、Instagramのライブ機能を通じて、「4人組のグループとして遅くても来年1月頃にはデビューする予定です。一緒にデビューするメンバーたちは若くてきれいです。グループ名はまだ決まっていないけど、私がリーダーです」と視聴者に衝撃のニュースを伝えた。

大麻吸引について、「とても大きな過ちでした。デビューするということ自体が話にならないことでした」と言いながらも、「なぜデビューしなければならないと考えたのかというと、どうせ非難されるなら、デビューしてみようと思った」と明かした。

T.O.Pとの関係については、「あの方と交際していたのは事実です。付き合っていました」と告白し、「親しい友人を通じて私に連絡したいと伝えてきて、知り合いになった」とT.O.Pの方からアプローチがあったことを明かし、「何人かの記者はT.O.Pが最初に近づいてきたという事実を知っている」とも。最近は連絡はしていないといい、「今、別の携帯電話を使っている。この前にメッセンジャーに入ったら『チェ・スンヒョン(T.O.Pの本名)さんがハン・ソヒさんを友達に追加しました』と出たのですぐに削除した」と話した。

T.O.Pと大麻を吸引することになった過程についても再度言及し、自身が先に勧めたのでないと改めて主張。「(T.O.Pに会う前から)大麻を3回吸引したことから警察調査を受けることになった」と明かし、不拘束で捜査中の時にT.O.Pに会うことになり、その後、T.O.Pに「私が調査中だという話をした。数日後にあの方(T.O.P)がズボンのポケットから電子タバコくれた」と主張した。また、「内容物が見えない電子タバコだった」といい、「ところが吸ってみるとすぐに、“トリ”(大麻の隠語)の匂いにおいがした。すでに吸った状態なので、『トリなの?』と聞いたところ『トリだ』と言った。『お兄さん、どこで手に入れたの?』と聞くと、『友達がくれた』と言った」と一緒に大麻を吸引したときの状況を詳しく説明。「私は警察でもないので、『友達って誰?』とは聞かず、『そうなんだ』と言った。それが初めて一緒に吸ったときだった」と付け加えた。

ハン・ソヒは自身が嘘をついていないと主張し、「嘘をついていれば、YG側でも私に『嘘をついている。違う』と言うはずだが、何も言ってこない。じっと黙っているのはどうしてでしょうか? 私は事実だけを話します」と話した。

これを受けてハン・ソヒは、ポータルサイトのリアルタイム気検索語の1位にランクインするなど話題を集めている。オンラインコミュニティーでは、彼女の発言がアイドルグループをバカにしているとして騒動になっている。

ハン・ソヒは麻薬類管理に関する法律違反疑惑で、懲役3年に執行猶予4年、保護観察120時間、追徴金87万ウォン(約8万6000円)などを宣告された。

人気記事ベスト20