INFINITE脱退ホヤ、ミュージカル「砂時計」にキャスティング

INFINITEを脱退したホヤ(イ・ホウォン)がミュージカル「砂時計」に出演することが25日、明らかになった。

12月5日から来年2月11日まで忠武(チュンム)アートセンター大劇場で上演される創作ミュージカル「砂時計」は、1995ねに放送され「国民ドラマ」と呼ばれるほど人気を集めた「砂時計」を舞台化した作品。ドラマは、混乱と激変の大韓民国の現代史の中で、残念な形で絡み合ってしまった3人の友情と愛、そして行き違った運命と選択を描いており、当時、最高視聴率64.5%を記録。ドラマを見ようと放送時間に合わせてみんな帰宅するため「帰宅時計」と呼ばれるなど社会現象を巻き起こした。

ホヤは本作で、すぐれた剣道の実力を備えた警護員ぺク・ジェヒ役を演じる。ドラマではイ・ジョンジェが熱演し、金と名誉を追うことよりも愛する人を黙々と守る人生を選ぶ愚直さで、大衆から大きな愛を受けた。ホヤは、たくましくて人間的なぺク・ジェヒを演じ、これまになは見せなかった新たな魅力を発散する。

2010年、INFINITEの1stアルバム「First Invasion」でデビューしたホヤは、tvNドラマ「応答せよ1997」に出演し、演技力を認められた。その後も「仮面」「超人家族2017」「自己発光オフィス」などを通じて演技活動を繰り広げ、映画「ヒヤ」で2016年36回黄金撮影賞授賞式で新人男優賞を受賞した。

INFINITE脱退後に、心を込めた手紙でファンに感謝と申し訳ない気持ちを伝えたホヤは、ブラウン管やスクリーンではなく、より近い距離でファンとコミュニケーションするため、ミュージカルの舞台を選択した。ホヤの脱退がニュースで伝わると、ミュージカル「砂時計」の製作陣は彼に個別オーディションを提案。ホヤは自分の夢と今後の活動方向などを熟慮した上で出演を決めた。

ミュージカル「砂時計」製作陣は「安定した演技力と優れた感性が期待以上の俳優だ。他の俳優たちよりも遅れて合流するが、ぺク・ジェヒというキャラクターを自分だけのスタイルで完璧に描き出すと信じている」とホヤの才能と情熱に大きな期待を寄せている。

人気記事ベスト20