「ソウルドラマアワード2017」、韓流ドラマ最優秀作品賞に「雲が描いた月明かり」

「ソウルドラマアワード2017」が7日午後、ソウル・汝矣島(ヨイド)のKBSホールで開催された。司会はコメディアのシン・ドンヨプと女優キム・ジョンウンが務めた。

韓流ドラマ作品賞はKBSドラマ「雲が描いた月明かり」が最優秀賞を受賞、MBCドラマ「W-君と僕の世界-」とSBSドラマ「ドクターズ」が優秀賞を受賞した。

韓流ドラマ男性演技者賞はパク・ボゴムが、女性演技者賞はパク・ボヨンがそれぞれ受賞した。韓流ドラマ主題歌賞はAileeが受賞した。

パク・ボゴムは「不足した私に大きな賞をくださり感謝申し上げます。 昨年1年間で、祝福をたくさん受けました。良い方々と作品をしてみると、私も良い人になろうと努力するようです。多くのスタッフと俳優の皆さんにも、はっきりと思いだされる影響力を与えながら一緒に作品をしたい俳優になろうと努力しています」とあいさつ。そして、日本語、中国語、英語など外国語でもファンに感謝の気持ちを伝えた。パク・ボヨンは「もっと一生懸命頑張って恥ずかしくない俳優になれるように努力します」とさらなる飛躍を誓った。

また、日本の女優玄理(ヒョンリ)がマレーシア、インド、タイ、フィリピンの俳優とともにアジアスター賞を受賞した。在日韓国人3世の玄理は「私の演技のスタートはここソウルでした。韓国語も下手な私を後押しして信じてくださった先生方に感謝します。まだ韓国では出演作はありませんが、これからもっと良い姿をお見せできるようにします」とあいさつした。

このほか俳優ユ・オソン、イ・ギウ、ユ・ドングン、女優イ・エル、イ・ユリ、イム・スヒャン、キム・ソナ、キム・ジョンウン、キム・ミンソ、コ・ウォニ、チャン・シニョン、ハン・ウンジョン、ユン・ソヒ、ワン・ビンナらが出席。Red VelvetとAileeらは祝賀公演を行った。

今年で12回目を迎える「ソウルドラマアワード」には55カ国から266本のドラマが出品された。

(2に続く)

ページ:

1

2 3

人気記事ベスト20