JYJユチョンを告訴した女性、9月21日に記者会見を開催へ! 挙式前日?に何を話す?

JYJユチョンに性的暴行を受けたと誣告容疑(虚偽告訴)などで裁判を受けている20代の女性Aさんが、記者会見を開く。

Aさん一審と二審の弁論を担当している弁護士関係者は6日、「二審の判決公判が行われる21日、ソウル中央地裁の近くで記者会見を行う予定だ」と伝えた。

Aさんは2015年12月、自身が働くルームサロンでユチョンと合意の上、性関係を持ったにも関わらず「ユチョンから性的暴行を受けた」という内容の訴状を、ソウル・江南(カンナム)警察署に提出した嫌疑で裁判を受けている。

検察はA氏に対して懲役3年を求刑したが、ソウル中央地裁は今年7月、被告人の要請により国民参与裁判を開き、陪審員7人の満場一致の意見を受けて、一審でAさんに無罪判決を言い渡した。

裁判所は「検事が提出した証拠だけでは、被告人が虚偽事実を通報し、ユチョンの名誉を棄損したと判断することが難しい。この事件は、公訴事実犯罪に対する証明がない場合に値する」と述べた。

これを受けて検察側が控訴している。

ユチョンは今年3月、売春及び性的暴行の嫌疑に関して4件で嫌疑なしの処分を受けている。先月25日にはソウル・江南区役所で社会服務要員としての代替服務を終え、除隊した。

ユチョンは南陽乳業創業者の孫ファン・ハナさんと挙式を控えており、挙式日については9月20日とされていたが、ユチョンとファン・ハナさんの腕に彫られたタトゥーの数字から9月22日に挙式するとの見方が最有力視されており、9月21日に記者会見が開かれるとなれば、おめでたいムードに水を差される形となるが、自業自得ともいえそうだ。

人気記事ベスト20