ASTRO、初の日本単独ツアーを盛況裏に終了!「ファンの皆さんは僕たちにとって贈り物です」

ASTROが日本で初のZeppツアーを盛況裏に終えた。

ASTROは今年7月、約6000人のファンと共にした初の単独コンサート「The 1st ASTROAD to SEOUL」に続き、24日から大阪を皮切りに東京まで計5回にわたり「The 1st ASTROAD to JAPAN」を開催し、約1万人を動員した

ASTROのこれまでの旅路を収めたという意味を持つ「ASTROAD」らしく、デビュー曲「HIDE&SEEK」を始め「Baby」「Confession」「Breathless」などのヒット曲に加え、現地ファンのために「世界に一つだけの花」のスペシャルステージも準備するなど多彩な構成でファンに喜びと感動をプレゼントした。

今回のツアーでは、公演ごとにメンバーらがその場でガイド役を選定。日本のファンにハングル講座を行い、「サランオプタ」(行動に愛を感じるほどかわいいという意味)、「ダソニ」(愛する人)、「カオンヌリ」(どんなことがあっても世間の中心にいる)といった素敵な韓国語を教えてあげる意味深い時間を持った。それだけでなく、コンサートで上手な日本語でステージを進行したASTROも、ファンから日本語を学びながら、コミュニケーションを取ろうと努めた。

ASTROは120分間、華麗なダンスからバラード、トークなど、ファンたちと呼吸する数々のステージでASTROならではの多彩な魅力を存分に発揮し、ファンを魅了した。

公演を終えたメンバーは、観客に感謝の気持ちを伝えた。チャ・ウヌとサンハは「コンサートにこんなにたくさん来てくださるなんて思ってもいなかったので、本当に感謝しています。これからもっと発展して、成長する姿をお見せしたい」とさらなる飛躍を誓った。

ムンビンとラキは「AROHA(ファンクラブ)の応援のおかげで楽しく幸せだった。僕たちの歌を一緒に歌って下さる姿は特別な意味を感じました。住んでいる所も言語も違いますが、お互いの気持ちは同じだと思います。永遠に一緒にいましょう」と付け加えた。

最後にジンジンとMJは、「多くのことを学び、いい思い出を作りました。なるべく早く日本にまた来ますので、ちょっとだけ待っててください。これからも一緒にいくれたらいいな。皆さんは僕たちにとって贈り物です」と感激の表情で思いを伝えた。

人気記事ベスト20