ハ・ジウォン、化粧品会社から訴えられる! 広報活動不履行…11億6000万ウォン払え

女優ハ・ジウォンが、化粧品会社ゴールドマーク社から11億6000万ウォン(約1億1200万円)を求める訴訟を起こされた。

ゴールドマーク社は29日午後、公式報道資料を通じて「ハ・ジウォンがブランド広報活動を履行しなかったことから、彼女に対して11億6000万ウォンを請求する訴訟をソウル中央地裁に提起した」と明らかにした。

同社によると、ハ・ジウォンは当初、化粧品会社であるゴールドマークの株式30%をもらい、本人の氏名、肖像、音声を提供してブランドを広報することを約束する内容の共同事業契約を結んだが、その後、約束に違反してブランドのプロモーションを全面中断した。昨年7月、ハ・ジウォン側はゴールドマークを相手に突如共同事業契約のキャンセル及び肖像権の使用禁止訴訟を提起したという。

これに対してゴールドマークは6月30日、ハ・ジウォンが提起した肖像権の使用禁止訴訟で、共同事業契約が依然として有効であるため、ハ・ジウォンの請求に「理由がない」という判決が出て勝訴。ハ・ジウォンの契約違反及びマスコミによる虚偽事実の流布と関連するすべての民事刑事上の責任を問うという立場を明らかにしている。

また同社は「ハ・ジウォンの約束違反による損害を算定した結果、2016年8月から2017年6月までの11カ月間、ホームショッピングの放送を通じた販売は不可能になり、ホームショッピング放送を含むインターネット販売、輸出等において発生した営業損失8億6000万ウォン(約8300万円)、営業損失により減少した企業価値は26億ウォン(約2億5000万円)に達する。ゴールドマークは被害額の一部を先に請求する訴訟を提起し、後に請求金額を拡大する」と説明した。

関係者は「今回の訴訟を通じて有名人という点を前面に出し、約束をむやみに違反し、新生法人の将来を揺るがしたハ・ジウォンに法的責任を問い、今後同じ事が再発しないことを望む」と立場を表明した。

人気記事ベスト20