ソル・ギョング、AOAソリョンに対する「白痴美」表現を謝罪

俳優ソル・ギョングがAOAの映画「殺人者の記憶法」で競演したAOAソリョンについて「白痴美がある」と表現したことについて公式謝罪した。

ソル・ギョングは29日、自身の公式ファンコミュニティやギャラリーに「昨日の記者懇談会の時に、ソリョンさんに対する私の表現が適切ではなく、間違った表現であったことを心よりお詫び申し上げます」と書き込んだ。

ソル・ギョングは「良い意味で純粋で白い画用紙のようだという表現がしたかったのですが、私の未熟な考えで表現が間違っていました」とし、「ソリョンさんに謝罪し、メディアとの個別インタビューの際にも公式に謝罪します」と明かした。

また、「今後、話すこと、表現することを常に慎重にするようにします。心配してくださり感謝するとともにすべてのまずい点、常に学ぶ気持ちに生きていきます」と繰り返し謝罪した。

ソル・ギョングは28日、ソウル・東大門(トンデムン)MEGABOXで開催された映画「殺人者の記憶法」のマスコミ試写会後に行われた記者懇談会で、「ソリョンさんは純白の感じがある。早く活動をスタートさせると、年齢より成熟した姿を見せることができるのだろうが、ソリョンさんは全くそういうのがなかった。白痴美がある。女優が白痴であることは良いことだ」などと話していた。

「白痴美」とは白痴の女性の無表情、もしくは白痴でなくても表情の乏しい人の無表情から感じる一種の美しさのことで、現在では差別的な表現とされほとんど使われない。

その後、彼はこの表現について一部の批判的な反応があり、ただちに謝罪の意思を表明したとみられる。

人気記事ベスト20